説明: 説明: C:\Users\kaass-2303d.BSS\Desktop\sryou\msdf-ks\usepic\ireitou.jpg

特攻隊戦没者慰霊塔建立の由来

 第2次世界大戦における沖縄の戦闘は、戦史にも類例にないほど熾烈なものであった。ときに戦場は、ようやく我軍に不利となり、ここに退勢挽回の秘策を試みるに至った。
 即ち敵国海空軍兵力の全滅を期して企てた。“特攻攻撃”である。
 ときまさに昭和20年春であった。
 そして、この壮烈なる特攻攻撃発進の地こそ、当鹿屋であって、以来82日間の戦闘は苛烈を極め、日々若人達は黒潮おどる沖縄へと飛び立った。

 惜しくも青春に富む尊い生命を、祖国のために敢然と捧げた若人達・・・世上ともすれば敗戦のかげにこのような尊い犠牲を忘れがちである。
 今日、ことの結果がどうであったとしても、これら身を挺して祖国の難に殉じた人々の祖国愛は称賛されるべきであり、これら若人の「至情」「至純」の精神は、その御霊とともにとこしえに祭られ史実とともに後世に誤りなく伝えられなければならない。
 その最もゆかりの深い地として、また本土最南端海軍航空基地として、多くの特攻隊員(908名)が飛び立って再び帰ることがなかった最後の地この「鹿屋」に、その御霊を祭る慰霊塔を建立すべく、昭和32年10月鹿屋市長を会長とする「旧鹿屋航空基地特攻隊戦没者慰霊塔建立期成会」が結成され、全国に協力を呼びかけたところ、市内はもとより、ひろく各方面から多くの浄財が寄せられた。
 これに基づき、航空隊を眼前に眺望する小塚丘に、その神霊をとこしえに平和の礎として祭る慰霊の碑を、昭和33年3月20日に建立したものである。

説明: 説明: C:\Users\kaass-2303d.BSS\Desktop\sryou\msdf-ks\usepic\buttn20h.gif

戻る