トップページ→部隊の紹介

第1航空隊の紹介

第1航空隊とは

海上自衛隊航空部隊の最初の部隊として昭和36年9月に新編され、最新鋭の哨戒機P−3Cを装備する第一線の航空部隊です。
平成20年3月には、体制移行により第1航空隊と第7航空隊が統合され、新生第1航空隊として第11飛行隊と第12飛行隊の2個飛行隊編成となりました。

第1航空隊の部隊

次のような部隊から構成されています。
(1) 本部
(2) 第11飛行隊 
(3) 第12飛行隊 
(4) 列線整備隊

ページトップ