トップページ鹿屋航空基地について→基地周辺の史跡情報

基地周辺の史跡情報

旧鹿屋航空基地特別攻撃隊戦没者慰霊塔

鹿屋基地は、太平洋戦争の末期、昭和20年2月から特攻作戦の基地として使用され、特攻で沖縄へと鹿屋の地を飛び立ち再び帰ることがなっかた1千余名もの若者の御霊を祀るために昭和33年3月20日鹿屋市今坂町に慰霊碑が建立されました。
塔の高さは11メートル、塔の上には南海の空に向かって飛び立とうとしている翼を広げた平和のシンボル、白鳩がのっています。
塔の銘板には特別攻撃隊戦没者908名の階級氏名、出撃年月日、特別攻撃隊名、出撃者数が刻まれています。
鹿屋市では毎年4月に関係者や遺族の方々を招いて慰霊祭を実施しています。
第1航空群は慰霊祭に際しP−3Cによる慰霊飛行、儀仗隊、音楽隊等の派出の支援をおこなっています。

所在地
鹿児島県鹿屋市今坂町小塚公園

旧串良航空基地特別攻撃隊戦没者慰霊塔

串良航空基地は太平洋戦争末期教育航空隊として開設され多くの飛行予科練習生(予科練)が訓練に明け暮れました。
昭和20年3月から特攻作戦の基地として使用され、沖縄へとこの地を飛び立ち再び帰ることがなっかた三百余名もの若者の御霊を祀るために昭和44年10月1日串良町有里の旧串良航空基地跡に慰霊碑が建立されました。
塔の上には南海の空に散った隊員を偲ぶかのように翼を広げた平和のシンボル、白鳩がのっています。
塔の銘板には特別攻撃隊戦没者359名の階級氏名、出撃年月日、特別攻撃隊名、出撃者数が刻まれています。
串良町では毎年10月に関係者や遺族の方々を招いて慰霊祭を行っています。
第1航空群は慰霊祭に際しP−3Cによる慰霊飛行、儀仗隊、音楽隊の派出等の支援活動をしています。

所在地
鹿児島県肝属郡串良町有里平和公園

神雷特別攻撃隊(別盃の地)桜花の碑

神雷部隊とは昭和20年2月から鹿屋航空基地に司令部を置いた第5航空艦隊所属の第721海軍航空隊、人間爆弾「桜花」の部隊をいい昭和20年3月21日より6月22日までの間特別攻撃隊として出撃し南海の空に散った戦友の霊を祀るために昭和53年3月に第721海軍航空隊の特攻隊員であった小城久作氏が神雷部隊が宿舎にしていた旧野里小学校の跡地に碑を建立したものです。
碑文には当時海軍報道班員として野里村に住み神雷部隊の隊員と親交があった作家山岡荘八氏の撰文が刻まれている。
第1航空隊は平成2年2月からメモリアルオペレーションとして「桜花の碑」の清掃奉仕活動を毎月行っています。

所在地
鹿児島県鹿屋市野里町
旧野里小学校跡 

ページトップ