○○会社 本文へジャンプ

訓練状況司令挨拶 自衛官への道  施 設アクセスお知らせ

呉教育隊とは…

呉教育隊が行っている業務内容及び歴史を紹介します。


2等海士教育


 一般海曹候補生課程、自衛官候補生(練習員)課程教育を行っております。


海曹予定者課程


 3等海曹に昇任予定者に対する初任海曹課程教育を年に2期行っております。


准海尉教育


 准海尉に昇任した者に対する初任准尉特別講習を年に2期行っております。


予備自衛官訓練


 予備自衛官に対する召集訓練を年に2期行っております。




職場体験学習


 広島県内の中学生及び高校生、大学生に対して職場体験学習を行っております。依頼があれば他県の学生に対しても行っています。

  ≪平成27年度実績≫
 
 ・広島市立中広中学校        ・阿賀中学校            ・天応中学校
 ・海田中学校              ・宮原中学校            ・昭和中学校
 ・海田西中学校             ・和庄中学校            ・昭和北中学校
 ・仁方中学校              ・東畑中学校            ・川尻中学校
 ・白岳中学校              ・片山中学校            ・音戸中学校
 ・広中央中学校             ・呉中央中学校          ・五日市南中学校
 ・郷原中学校              ・吉浦中学校            ・呉工業高校
 ・横路中学校              ・天応中学校            ・呉港高校
 ・広島私立東原中学校




呉教育隊の今昔

 呉教育隊の地には、以前は「呉海兵団」という施設がありました。明治時代に建設された海兵団からの変遷をご紹介します。

 



   海兵団(昭和10年)

明治19年11月7日 呉鎮守府建築工事起工
明治22年7月1日 呉鎮守府海兵団として開設
明治23年4月21日 呉鎮守府開庁式。明治天皇、海兵団へ臨御
明治29年3月26日 呉海兵団と改称
昭和29年7月1日 海上自衛隊発足
昭和31年1月16日 江田島に呉練習隊を新編
昭和32年3月18日 呉練習隊、呉海兵団跡地へ移転
昭和32年5月10日 呉練習隊、呉教育隊に改称

 この呉海兵団は、現在の呉教育隊のように新兵を教育する場となっていました。終戦をはさんで一度間が空きましたが、現在の呉教育隊の日課や行事は、この海兵団時代と共通するものが多々あります。当時の様子を記した写真帳(現在でいう修業アルバム)が呉教育隊には残されていますので、そのうちの1冊から引用して、今日の呉教育隊と比較していきたいと思います。



左が、昭和10年に制作された「修業記念寫眞帖 呉海兵團」です。


入團当日、被服受入、身体検査

 呉海兵団に入団したばかりの時の様子です。

 左下の写真がこのページの解説になります。クリックすると拡大表示されます。
右下の写真は現在の新入隊員の同じような場面です。過去と現在を比べてみて下さい。




起床、食事、就寝

 日常生活の様子です。




分隊点検、家庭通信

 現在も同じように分隊点検を実施しています。
 家庭通信は現在もありますが、当時と違って学生からではなく分隊長から学生のご家族に宛てる手紙という形式になっています。


手旗、銃剣術、体操

 手旗や体操の様子です。現在では銃剣術は行っておりませんが、剣道の教務は実施しています。


灰ケ峰登山

 灰ケ峰登山の様子です。現在でも鍛錬行事として行っています。当時は制服で登山していたようですが、現在では体育服装にて実施しています。


兵學校見學

 現在の第1術科学校の見学の様子です。今は、第1術科学校内にある教育参考館へ研修に訪れています。注目すべきは、皆制服を着て短艇を漕いで江田島まで渡っていた点です。


短艇橈漕競技

 短艇競技の様子です。現在も同じように競技を行っています。


相撲、柔道、剣道競技、水泳練習

 各種競技の様子です。現在は相撲競技などはありませんが、バレーボール競技は今も昔も変わりません。褌姿で水泳訓練をする様子が印象的です。


小銃拳銃射撃、監的作業

 小火器射撃の様子です。監的とは、射手が撃った弾痕を示す作業のことです。
過去と現在の写真を見比べてみてください。80年経った今でも同じ射場で同じように監的作業を行っているのです。


修業式退團

 訓練を終え、四等水兵から三等水兵に進級し修業していく様です。