TOPへ戻る

活動内容

南極地域観測協力

第56次南極地域観測協力の概要

平成26年11月11日(火)~平成27年4月1日(水)、海上自衛隊は砕氷艦「しらせ」により第56次南極地域観測協力を実施します。
海上自衛隊が南極地域観測協力を担当することになったのは昭和40年(1965年)からであり、初の任務には砕氷艦「ふじ」が就きました。
現在の砕氷艦「しらせ」については今回で6回目の協力となります。


■ 乗組員
 砕氷艦「しらせ」艦長 1等海佐 日髙 孝次(ひだか こうじ)
 乗員約180名

■ 行動の概要 第56次南極地域観測協力 砕氷艦「しらせ」の行動図

■ 協力の概要
 第56次南極地域観測協力では、次のような協力を行います。

・人員輸送
【往路】
 71名(フリーマントル~南極基地)
【復路】
 69名(南極基地~フリーマントル)

・物資輸送
【往路】
 約1,017トン
【復路】
 約470トン(廃棄物等持ち帰り物資)

・支援作業

 ア 艦上観測支援
 イ 野外観測支援
 ウ 基地設営支援



「しらせ氷海を行く(第54次南極地域観測協力行動)海上自衛隊」

スマホサイト