TOPへ戻る

活動内容(引渡式・自衛艦旗授与式)

引渡式・自衛艦旗授与式とは

 造船所において建造された艦艇が、防衛省に引き渡され、艦艇の所有が移転したことにより、艦(艇)尾に自衛艦旗を掲揚するものです。就役する艦艇は、艦(艇)尾に自衛艦旗を掲揚した時点で、部隊新編となり、自衛艦として海上自衛隊の編成に加える。

護衛艦「かが」 引渡式・自衛艦旗授与式

 平成29年3月22日(水)、ジャパンマリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 磯子工場において護衛艦「かが」の引渡式・自衛艦旗授与式が行われました。


■ 艦艇名「かが」の由来
 護衛艦は天象、気象、山岳、河川、地方の名を付与することが標準とされている。
 本艦は、「地方の名」から選出することとされ、海上自衛隊の部隊等から募集した。様々な要素を加味した検討の上、防衛大臣が決定した。


■ 概 要

艦番号

:184

基準排水量

:約19,500トン

全長

:248m 全 幅:38m 深 さ:7.1m

主機関

:ガスタービン4基(2軸)

馬力

:112,000PS

最大速力

:約30ノット

主要装備

:高性能20ミリ機関砲 2基
 対艦ミサイル防御装置 2基
 魚雷防御装置  1式
 対水空レーダー 1基
 対水上レーダー 1基
 水上艦用ソーナーシステム 1式
 EW装置   1式
 情報処理装置 1式


■ 特 徴
 護衛艦「いずも」は、「ひゅうが」型と比較し、船体の大型化から得られる拡張性を活用し、航空機運用能力や輸送機能・医療機能等の多用途性を強化している。


■ 艦長
1等海佐 遠藤 昭彦(えんどう あきひこ)


写真で見る護衛艦「かが」の引渡式・自衛艦旗授与式(クリックで拡大されます)



護衛艦「かが」 引渡式・自衛艦旗授与式の動画



掃海艦「あわじ」 引渡式・自衛艦旗授与式

 平成29年3月16日(木)ジャパン マリンユナイテッド株式会社 横浜事業所鶴見工場において掃海艦「あわじ」の引渡式・自衛艦旗授与式が行われました。


■ 掃海艦「あわじ」の由来
 掃海艦の名称は、島の名、海峡の名を付与することが標準とされている。  本艦は、「あわじ」型掃海艦の1番艦であり、引き続き「島の名」から選出することとされ、海上自衛隊の部隊等から募集した。
 「あわじ」(淡路)は、兵庫県淡路市にあり、瀬戸内海では最大の島である。知名度も高く、隊員の士気及び艦に対する愛着心を高揚するに十分であり、新造艦艇の名称として適当であると考え、防衛大臣が決定した。


■ 概 要

艦番号

:304

基準排水量

:690トン

全長

:67.0m 全幅:11.0m 深さ:5.2m

機関型式(軸数)

:ディーゼル2基 2軸

出力

:2,200PS

最大速力

:14ノット

主要装備

:20ミリ遠隔管制機関砲 1基
 掃海装置 1式


■ 特 徴
 掃海艦「やえやま」型の性能向上型であり、同艦との相違点は、機雷掃討、機雷掃海システムの性能向上等を図るとともに、船体材料にFRP複合材料を採用していることである。


■ 艦 長
2等海佐 小林 倫彦(こばやし みちひこ)


写真で見る掃海艦「あわじ」の命名・進水式(クリックで拡大されます。)



掃海艦「あわじ」引渡式・自衛艦旗授与式の動画



潜水艦「せきりゅう」 引渡式・自衛艦旗授与式

 平成29年3月13日(月)川崎重工業株式会社 神戸工場において潜水艦「せきりゅう」の引渡式・自衛艦旗授与式が行われました。


■ 艦艇名「せきりゅう」の由来
 潜水艦の名称は、「海象、水中動物の名、ずい祥動物の名」を付与することとされています。
 本艦は、そうりゅう型潜水艦の8番艦であり、引き続き「ずい祥動物の名」から選出することとされ、海上自衛隊の部隊等から募集し、防衛大臣が決定しました。


■ 概 要

艦番号

:509

基準排水量

:2,950トン

全長

:84.0m 全幅:9.1m 深さ:10.3m

主機関

:ディーゼル・スターリング 電気推進(1軸)

主要装備

:水中発射管 1式


■ 特 徴
 潜水艦「せきりゅう」は、「そうりゅう」型潜水艦の6番艦で、AIP(非大気依存推進:Air Independent Propulsion)装備潜水艦である。


■ 艦 長
2等海佐 渡邉 正裕(わたなべ まさひろ)


写真で見る潜水艦「せきりゅう」の命名・進水式(クリックで拡大されます。)



潜水艦「せきりゅう」 引渡式・自衛艦旗授与式の動画

スマホサイト