TOPへ戻る

我が国と世界の防衛

周辺海域の防衛のための作戦

島国であるわが国に対する武力攻撃が行われる場合には、航空攻撃に加えて、艦船などによるわが国船舶への攻撃やわが国領土への攻撃などが考えられる。また、大規模な陸上部隊をわが国領土に上陸させるため、輸送艦などの活動も予想される。

周辺海域の防衛のための作戦は、洋上における対処、沿岸海域における対処、主要な海峡における対処および周辺海域の防空からなる。これら各種の作戦の成果を積み重ねて敵の侵攻を阻止し、その戦力を撃破、消耗させることにより周辺海域を防衛する。

周辺海域の防衛のための作戦図版

(1)洋上における対処

哨戒機による広い海域の哨戒や、主に護衛艦により船舶の航行海域などの哨戒を行う。わが国の船舶を攻撃しようとする敵の水上艦艇や潜水艦を発見した場合は、状況により戦闘機などの支援を受けつつ、護衛艦、潜水艦、哨戒機によりこれを撃破する(対水上戦、対潜戦)。

(2)沿岸海域における対処

護衛艦、掃海(そうかい)艦艇、哨戒機、偵察機などにより主要な港湾周辺の哨戒を行い、敵の攻撃を早期に発見するとともに、主に護衛艦、潜水艦、哨戒機、戦闘機、地対艦ミサイルによりこれを撃破し(対水上戦、対潜戦)、船舶や沿岸海域の安全を確保する。
また、敵が機雷を敷設(ふせつ)した場合には、掃海艦艇などによりこれを除去する(対機雷戦)。

(3)主要な海峡における対処

護衛艦、哨戒機、偵察機などにより、主要な海峡の哨戒を行い、通過しようとする敵の水上艦艇や潜水艦を早期に発見するとともに、主に護衛艦、哨戒機、潜水艦、戦闘機、地対艦ミサイルにより撃破する(対水上戦、対潜戦)。状況により、掃海母艦、潜水艦、航空機などで、主要な海域に機雷を敷設する(機雷敷設戦)。

(4)周辺海域の防空

周辺海域における艦艇の防空は護衛艦が行い(対空戦)、状況により戦闘機などの支援を受ける。

スマホサイト