TOPへ戻る

我が国と世界の防衛

複雑かつ不確実な国際安全保障環境

今日の国際的な安全保障環境は、近年の経済成長を背景とした国家の台頭、大量破壊兵器などの拡散、国際テロ組織をはじめとする非国家主体による活動、脆弱な国家が国際テロの温床となるおそれなどにより、複雑で不確実なものとなっています。

各国に安定と繁栄をもたらしてきた国家間の相互依存関係は、同時に、ある国で生じた経済的な問題や安全保障上の問題あるいは地域の不安定要素が国境を越えて世界中に広がり、他の国々に波及するという負の側面も持ちます。

このような相互依存関係の中において、各国は、より安定した国際安全保障環境を構築することで世界や地域の平和、安定と繁栄を確保していくことを共通の利益にしており、そのため、国際社会が直面する問題の解決に利益を共有している国家同士によって協力して取り組むことがますます重要になっています。


地域別テロ発生件数

地域別テロ発生件数の図版

スマホサイト