TOPへ戻る

海上自衛隊について

海上幕僚長指針


  1. 全般方針

     我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しくなる中、あらゆる事態に迅速に対応するため、海上自衛隊が遂行すべき任務はより一層拡大し、多様化している。
     我が国の防衛の核心である海上自衛隊は、このような中においても、各種事態に迅速に対応し、解決していくため、次を指針とする。
     一、精   強
     一、即   応
     一、伝統の継承

  2. 情勢認識

     我が国を取り巻く国外情勢は、依然として不透明不確実である。領土・主権・経済権益等をめぐるグレーゾーン事態を含む各種事態及びテロ等の脅威は、いずれも重大な危険が内在し、空間的にも時間的にも事態が拡大する傾向にある。
     これまでも海上自衛隊は、「アジア太平洋地域の安定化」、「グローバルな安全保障環境の改善」のために昼夜問わず汗を流してきた。しかし、いまだにテロや海賊等のリスクが現存するとともに、各国の利害が本格的に衝突する可能性も否定できない情勢にある。
     これらの現実を冷徹に見れば、海上自衛隊は次を重視する必要がある。
     - 自らの能力及び米海軍との相互運用性・共同対処能力の更なる向上
     - 統合運用の進展
     - 我が国の存立と繁栄に不可欠である法の支配による自由で安定した海洋確保

  3. 解決すべき課題

     他方、海上自衛隊がその実力を真に発揮するためには、解決すべき課題がある。喫緊の課題は次のとおりである。
     - 少子高齢化による募集人口の減少及び定年退職者の増加による人的基盤の脆弱化
     - 多様な任務に迅速かつ継続して対応するために必要な作戦基盤の不足
     - 最新装備への更新に必要な資源の不足
     これらの課題を克服するため、海上自衛隊は、新しい安全保障環境に適合する運用態勢へ改善するとともに、より効率的、効果的、計画的な防衛力整備の推進が必須である。

  4. 迅速な施策の実行

     海上自衛隊は、グレーゾーンのような勝敗も戦果も見えづらく、一時も気を抜くことが許されない長い戦いにおいて、常に刀を研ぎ澄まし、いざという時にその刀を即座に抜くことができる「真に戦える」精強な態勢を維持することが求められている。「真に戦える」態勢を実現するため、以下に示す3つの基盤造りに取り組んできた。今後は、速やかにそれらの定着・強化のための具体的な施策を実行していく。

    (1)人的基盤の強化
       精強な部隊を維持するため、女性自衛官の採用拡大、退職自衛官の活用、体力練成の奨励等の施策を実行し、心身ともに健全かつ優秀な隊員を確保する。さらに、隊員が後顧の憂いなく任務に邁進できるよう、ワークライフバランスの推進等による隊員自身及び家族の生活の充実を図るとともに、その他の隊員家族支援を更に強化する。
    (2)作戦基盤の強化
       統合運用の強化及び米海軍との相互運用性の向上を基本に、あらゆる作戦領域における実効性の高い戦術の開発に着手する。また、後方の実効性を高めるため、作戦部隊と後方部隊の連携をより一層強化する。
    (3)装備技術基盤の強化
       限られた資源の中、最新かつ実効性の高い海上防衛力を整備するため、資源配分の最適化、装備取得の効率化等を追求する。

  5. 「日本の誇り」

     海上自衛隊は創設以来、我が国国民の生命・財産を守るため、BMD、警戒監視、捜索救難及び災害派遣等の国内任務、ペルシャ湾での掃海活動、補給支援活動及び海賊対処行動等の国際任務を黙々と遂行してきた。
     国民から、今後のさらなる海上自衛隊の活躍が期待されているという事実は、長い歴史の積み重ねによって信頼を得ていることの証左である。いかなる時も油断せず、精強で、事態に即応し、国民に「日本の誇り」として認められること。これこそが我々海上自衛隊の到達すべき高みである。そこに至る唯一の道は、良き伝統を継承しつつ、粛々と精強及び即応を維持することである。

    以上

スマホサイト