TOPへ戻る

海上自衛隊について

退職自衛官の健康管理手帳による健康管理制度について

防衛省職員の健康管理に関する訓令(昭和29年防衛庁訓令第31号)が一部改正され、次表の業務に職員として従事し、要件に該当する方に対し、退職時又は退職後に健康管理手帳を交付し、定期的に健康診断を受けていただくことができるようになりました。

該当する職員又は職員であった方からの申請及び防衛大臣の承認の手続きが必要となりますので、その際には、次表右欄の添付書類をご準備下さい。

細部は、各総監部アスベスト相談窓口にお問い合わせ下さい。


業務

要件

添付書類

1

ベンジン及びその塩(これらの物をその重量の1パーセントを超えて含有する製剤その他の物を含む。)を製造し、又は取り扱う業務

当該業務に3月以上従事した経験を有すること。

-

2

ベーターナフチルアミン及びその塩(これらの物をその重量の1パーセントを超えて含有する製剤その他の物を含む。)を製造し、又は取り扱う業務

当該業務に3月以上従事した経験を有すること。

-

3

粉じん作業(じん肺法(昭和35年法律第30号)第2条第1項第3号に規定する粉じん作業をいう。)に係る業務

同法第13条第2項(同法第15条第3項、第16条第2項及び第16条の2第2項において準用する場合を含む。)の規定により決定されたじん肺管理区分が管理2又は管理3相当であること。

1.)じん肺管理区分2又は3に相当する旨の記述等のある医師による診断書
2.)1.)の診断を下した胸部エックス線直接撮影又は特殊なエックス線撮影による写真(以下「エックス線写真等」という。)

4

ビス(クロロメチル)エーテル(これをその重量の1パーセントを超えて含有する製剤その他の物を含む。)を製造し、又は取り扱う業務

当該業務に3年以上従事した経験を有すること。

-

5

ベリリウム及びその化合物(これらの物をその重量の1パーセントを超えて含有する製剤その他の物(合金にあっては、ベリリウムをその重量の3パーセントを超えて含有するものに限る。)を含む。)を製造し、又は取り扱う業務(これらの物のうち粉状の物以外の物を取り扱う業務を除く。)

両肺野にベリリウムによる慢性の結節性陰影があること。

1.)エックス線写真等
2.)慢性の結節性陰影がある旨の記述等のある医師による診断書

6

石綿(これをその重量の0.1パーセントを超えて含有する製剤その他の物を含む。)を製造し、若しくは取り扱う業務又はその製造若しくは取扱いに伴い石綿の粉じんを発散する場所における業務

両肺野に石綿による不整形陰影があり、又は石綿による胸膜肥厚があること。

1.)エックス線写真等
2.)石綿による不整形陰影又は胸膜肥厚の陰影がある旨の記述等のある医師による診断書

7

ジアニシジン及びその塩(これらの物をその重量の1パーセントを超えて含有する製剤その他の物を含む。)を製造し、又は取り扱う業務

当該業務に3月以上従事した経験を有すること。

-


該当する職員であった方は、退職時の所属部隊を所管とする各地方総監部のアスベスト相談窓口を経由して申請することができますので、申請書等必要な手続きに関しましては、総監部アスベスト相談窓口にお問い合わせ下さい。

スマホサイト