21年3月17日、補給支援特措法に基づく支援活動のため護衛艦

「あけぼの」が多くの人に見送られインド洋に向け出港しました。

 

うららかな春空の下、出国行事は岸防衛大臣政務官臨席のもと行われました。

 

防衛大臣政務官に対する栄誉礼の様子です。

出港に先立ち、任務遂行のための様々な準備状況を政務官(右列中央)に対して報告しています。

あけぼの乗員に対する政務官訓示

 

海上自衛隊の任務の重要性と、それに対する国際社会の期待を強調されていました。

任務に望む乗員の士気もさらに高まります。

帽振れ!

 

家族、恋人を港に残しつつ、背中には「任務」の2文字。

力強さと淋しさが交錯する帽振れです。

多くの家族や同僚等に見送られ出港

いざ、インド洋へ!!

我行かん

日本のあけぼの

   守るため

万里の波濤

    波荒むとも

 

BACK