トップページ第1護衛隊→ひゅうが

ひゅうが

「ひゅうが」ご紹介


拡大図はこちら

基準排水量(満載排水量) 13950t(18000t)
全長 197m
全幅 33.0m
喫水 7.0m
全深 22.0m
主機械 COGAG ガスタービン4基2軸
馬力 100,000PS
速力 30kt
主要兵装 VLS 16セル
  3連装単魚雷発射管
  ESSM(対空ミサイル)
  哨戒ヘリコプターX3
掃海・輸送ヘリコプターX1
  高性能20mm機関砲X2
定員 約360名

艦長ご挨拶

艦長 1等海佐 田邉 明彦

   東日本大震災からの復興活動に従事されている方々に心からのエールを送ります。発災時、年次検査(修理)中であった「ひゅうが」も速やかに出港し、4月上旬まで三陸沖で災害派遣活動に従事してきました。現在(6月1日)はIHI−MU横浜工場にて再び年次検査に従事しています。「ひゅうが」は、この工場で約5年の月日を費やして建造された艦であり、建造に携わった方々から「我々が造った艦が我々に代わって災害派遣で活躍してくれた。」との声をよく耳にします。復興活動は始まったばかりですが、このような多くの人々の思いがこれからの復興活動に大切なのだと感じました。「ひゅうが」は就役して2年が経ったところです。私こと2代目艦長も4月11日に乗艦したところです。我々も、多くの部隊の協力と多くの人々の支援を得ながら、乗組員330名が一丸となって更なる戦力化に取り組んでいます。

指導方針

「融和団結・実行」

先任伍長ご挨拶

先任伍長 海曹長 宮脇 康弘

 皆様こんにちは。
 「ひゅうが」は、本年5月から行われた米国派遣統合訓練に参加し大きな成果を収め帰国しました。
 米艦艇とのスポーツ交歓行事や、艦艇見学、米軍施設を利用した訓練などを通じて交流を深め、また、休養日を利用して普段行くことのできないアリゾナ州やネバダ州などに足を運びアメリカの文化、大自然を肌で感じることができました。
 また、サンディエゴでは、日本語学園を訪問し日本語を勉強するアメリカの子供たちと触れ合い、良い国際交流ができたと思います。
 この派米訓練を通じ乗組員一人一人、大きく成長できたと思っています。
 この期間で得た、経験、知識をこれからの訓練、任務に生かしていきたいと思っていますので皆様の応援よろしくお願いします。

ひゅうがロゴマーク

デザインの由来

 従来の護衛艦と一線を画した「空に強い護衛艦」である「ひゅうが」のシンボルとして、永遠の生命を持つという不死鳥・フェニックスの姿を中心に描きました。これは、艦名の由来となった日向国(宮崎県)のシンボルである県木・フェニックスにちなむものですが、同時に、自ら炎に飛び込んで新たに生まれ変わると言われるフェニックスのように、一人一人のクルーが試練や困難に直面した時に、それを自らの糧とし、更なる成長を遂げて欲しいという願いが込められています。フェニックスを左右から包み込む炎は、それぞれ「ひゅうが」と「ヘリコプター」の頭文字Hをアレンジしており、クルーを中心に艦と機とが1つの炎のように溶け合い、力を発揮する様を表しています。

今日の出来事

2012/10/23
ひゅうが写真館「平成24年度自衛隊観艦式(横浜一般公開)」 を追加しました。
2012/07/03
ひゅうが写真館「寄港地広報」を追加しました。
2010/08/08
夏の広報特集 その1 を追加しました。
2010/03/26
「ひゅうが」油津港外における特別公開を追加しました。
2010/03/26
「ひゅうが」訓練・作業風景を追加しました。
2010/02/12
「ひゅうが」初の北国(八戸、大湊)へ入港
2009/12/20
「ひゅうが」横須賀米海軍との交流行事風
2009/11/27
ひゅうが訓練・作業風景
2009/10/18
ひゅうが事故機収容訓練の状況
2009/10/05
ひゅうが横浜市合同防災訓練の状況
2009/06/27
ひゅうが写真集
2009/04/23
ひゅうがシスターシップ交歓行事の様子
2009/04/11
ひゅうが一般公開の様子
2009/04/10
ひゅうが特別公開の様子
2009/04/02
参議院外交防衛委員会ひゅうが視察
ページトップ