沿革

昭和16年               帝国海軍厚木飛行場は艦載機訓練場として計画し整備がされ、本土防衛の主要基地として役割を果たす
昭和20年08月15日 終 戦
8月28日 連合軍先遣隊(指揮官テンチ大佐)148人が、同基地に到着
8月30日 連合軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥が同基地に到着、占領政策の第一歩が踏み出される
9月02日 米軍によって正式に接収される
以降飛行場としては使用されず、一時キャンプ座間の資材置き場として使用されるなど、米陸軍の輸送基地として任務を担う
昭和25年10月25日 第7艦隊所属艦載機の修理、補給及び偵察基地として「米海軍厚木航空基地」が発足
12月01日 朝鮮戦争の勃発に伴い、米軍は極東地域に海軍航空基地を必要とし、海軍建設部隊が荒れ果てた滑走路等の建設復旧に着手
昭和46年06月25日 日米合同委員会において、厚木飛行場の一部を自衛隊に移管することが合意される
6月29日 航空管制権が自衛隊に引き渡される
7月01日 海上自衛隊が同飛行場の維持運営にあたり、共同使用が開始。名称も「海上自衛隊厚木航空基地」「海軍航空施設」となる
12月24日 厚木航空基地分遣隊が新編され、千葉県下総基地第4航空群に編入
昭和48年10月05日 米海軍第7艦隊所属空母ミッドウェーが横須賀を母港化し、以後厚木基地が艦載機の母基地となる
12月25日 千葉県下総航空基地から、航空集団司令部と第4航空群残存部隊移駐
昭和58年03月30日 第6航空隊が新編され第4航空群に編入
海上自衛隊最初のP-3C×6機が配備
平成20年03月26日 第3航空隊と第6航空隊が統合
第3航空隊改編(第31飛行隊、第32飛行隊)
第6航空隊廃止
平成23年09月01日 航空集団及び第4航空群設立50周年
平成27年03月23日 第3航空隊にP-1が配備
写真

ページトップ

トップページへ