詳しくは各写真をクリックしてください
航空士
戦術航空士
操縦士
 海上自衛隊には、「操縦士」「戦術航空士」「航空士」の3種類の搭乗員がおり、教育航空集団は、これらの航空機搭乗員を教育しています
 航空士は、ほとんどの者が海曹士(曹長以下)であり、フライト時は機長の指揮下に入ることから、「操縦士」「戦術航空士」との明確な違いがあります。
 戦術航空士は、幹部(3尉以上)であり、全員がいずれは機長となります。
 操縦士は、幹部(3尉以上)であり、全員がいずれは機長となります。
搭乗員への道