本文へスキップ

海上自衛隊 Japan Maritime Self-Defense Force

海上自衛隊         
第4護衛隊群

護衛艦「てるづき」バーレーン入港

  2017年4月8日、CTF151司令官及び司令部一同が出迎える中、第6護衛隊所属の護衛艦「てるづき」(第6護衛隊司令近藤1佐、てるづき艦長橋本2佐)がバーレーン王国ミナサルマン港に入港しました。
 護衛艦「てるづき」は、本年3月11日に母港の横須賀港を出港し、マレーシア海軍主催の国際観艦式及び同国主催の多国間海上演習等に参加し、バーレーンに入港しました。数日間の停泊の後、「てるづき」はバーレーンを出港し、ソマリア沖アデン湾において海賊対処行動に従事中であった第8護衛隊「きりさめ」から海賊対処行動の任務を引き継ぎました。

 「てるづき」はバーレーン停泊中に、現地高官、CMF所属の各国軍人、現地日本人会等に対する特別公開や艦上レセプションを実施し、海上自衛隊及び海上自衛隊の実施する海賊対処活動に対する理解を促進しました。

ミナサルマン港に入港した「てるづき」


バーレーン海軍から表敬を受ける第6護衛隊司令近藤1佐


各国海軍との懇談


バーレーン海軍と前CTF150司令官カナダ海軍エドマンドソン准将

艦上レセプションにおける鏡割り


左からバーレーン海軍アルガルダーリ大佐、第6護衛隊司令近藤1佐、CMF司令官ドネガン中将、
CTF151司令官福田将補、日本大使館山本参事官

艦上レセプション


左から日本大使館山本参事官、第6護衛隊司令近藤1佐、
CMF司令官ドネガン中将、CTF151司令官福田将補

「てるづき」出港を見送るバーレーン連絡官とCTF151司令部幕僚等




contents




ホームページに関するお問い合わせ

問い合わせ先:第4護衛隊群司令部