本文へスキップ

海上自衛隊 Japan Maritime Self-Defense Force

海上自衛隊         
第4護衛隊群

「さざなみ」職場体験(矢野中学校)・部隊帽授与式 



はじめに
  去る6月12日(火)、広島市立矢野中学校の生徒(19名)が、本艦の見学・職場体験に来てくれました。艦橋や操縦室といった主要区画や装備等の見学に加え、装備品(ラッパ・双眼鏡等)を実際に手にすることで、海上自衛隊を「体験」していただきました。
          

職場体験(特別公開)の様子


主砲(54口径127mm速射砲)の見学


主砲の迫力・大きさに驚き!!


海上自衛隊に興味津々の様子でした。


操縦室の見学


制御モニターの説明
停泊中でも、「動いている」ことを知ってもらいました。





艦長専用椅子から双眼鏡で景色を確認


司令専用の椅子も人気でした。


ウイングにて20倍双眼鏡で街並みを確認











航海科員が使用するラッパにも挑戦


学生を案内をした乗員


分かりやすい説明で、学生も興味津々


記念撮影


岸壁から見送りに応える矢野中学校の学生

部隊帽授与式

 こちらで紹介する写真は、4月25日に本艦にて行われた、部隊帽(スコードロンキャップ)授与式の様子です。
 2月に「さざなみ」に配属となって以降、約2ヶ月間の部隊実習を終え、晴れて本艦の乗員となった、1分隊 坂井 克弥1士と1分隊 窪田 翔2士に、艦長の小林2佐(当時)から、「さざなみ」の部隊帽が授与されました。授与後、2人は今後の抱負を述べ、全乗員から祝福されました。
 この日から2ヶ月近く経過しましたが、迫る荒波にも負けず、両名とも逞しく成長しています。


艦長から部隊帽を授与される坂井1士


艦長から部隊帽を授与される窪田2士





今後の抱負を述べる坂井1士


今後の抱負を述べる窪田2士


乗員から祝福を受ける様子

おわりに

 見学に来てくれた矢野中学校の生徒の皆さん、「さざなみ」での職場体験は如何はいかがでしたか。艦内や装備品の見学、乗員との懇談の機会から、海上自衛隊という職場に興味をもっていただければ、幸いです。
 そしていつの日か、坂井1士と窪田2士のように、「配属された部隊」のスコードロンキャップを手にする方が現れてくれれば、我々にとって、さらに嬉しい限りです。皆さんのはつらつとした笑顔、礼儀正しさを感じ、我々も清々しい気分で皆さんを案内することができました。
 また機会があれば、ぜひ「さざなみ」にご乗艦ください。お待ちしております。

 

contents




ホームページに関するお問い合わせ

問い合わせ先:第4護衛隊群司令部