本文へスキップ

海上自衛隊 Japan Maritime Self-Defense Force

海上自衛隊         
第4護衛隊群

「さざなみ」 New Face誕生



はじめに
  本年春、海上自衛隊に入隊し、教育隊での基礎教育を経たのち、8月下旬から10月末までの約2ヶ月間に渡り「さざなみ」にて部隊実習を実施、晴れて「さざなみ」乗組員となった新入隊員を紹介します。
 部隊実習中の新入隊員は「初任海士」と呼ばれ、海上自衛隊の艦艇乗組員として活躍するために必要な基礎的技能を身につけると共に、船乗りとしての躾、艦内生活一般といった特殊な勤務環境に慣れるための経験を積みます。

たくさんの荷物を抱え、緊張の面持ちで乗艦







実習中の初任







出入港作業等


ぎこちないながらも様々なことにチャレンジ

米海軍補給艦との洋上補給訓練

 初めは米海軍補給艦の大きさに圧倒されましたが、補給中の作業について色々学びました。




昇任伝達式

 実習期間中に補生隊員は2士から1士へ昇任しました。










「さざなみ」部隊識別帽授与式

 全ての実習が終了し、艦長から「さざなみ」乗員の証である部隊識別帽が授与されました。










おわりに

 部隊実習が行われた8~10月の間、「さざなみ」は岡山県玉野市での広報活動や日米共同巡航訓練等の任務に従事しました。初任海士達は、台風の影響がある荒れた海域を航行することもあり、初めての洋上生活に多少苦労する姿も見られましたが、元気に乗り越え、着実に「海の男」となりつつあります。
 初任海士達を含めた「さざなみ」乗員一同、一丸となり今後の任務に邁進してまいります。


さざなみ乗員としての第一歩を踏み出しました。

contents




ホームページに関するお問い合わせ

問い合わせ先:第4護衛隊群司令部