本文へスキップ

海上自衛隊 Japan Maritime Self-Defense Force

海上自衛隊         
第4護衛隊群

護衛艦 きりさめdestroyer kirisame

ise-1

就役:平成11年3月18日(むらさめ型 4番艦)

基準排水量:4,550t  長さ:151m  幅:17.4m  馬力:60.000Ps
主要兵装 :高性能20mm機関砲×2 62口径76mm速射砲×1 VLS装置
      3連装短魚雷発射管×2 SSM装置 哨戒ヘリコプター×1


艦 長 2等海佐 伊藤 雅彦

きりさめ艦長

 皆さん、こんにちは。
護衛艦「きりさめ」艦長 伊藤です。
「きりさめ」は三菱重工業長崎造船所で建造され、平成11年3月就役以来、約19年間、長崎県佐世保市を母港としており、ヘリコプター搭載型汎用護衛艦として国内外を問わず、様々な任務に対応して参りました。
 今後も海上自衛隊の中核部隊たる護衛隊群の一艦として我が国の防衛に寄与できるよう、即応性の維持と精強な艦の錬成のため乗組員とともに日々精進し、歴代艦長及び乗組員が築いてきた「きりさめ」をさらに強固な艦とすべく全力を注いで参ります。これからも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成30年8月」」」」」」」」
海上自衛隊 護衛艦きりさめ艦長
2等海佐  伊藤 雅彦



先任伍長 海曹長 谷 智亮

きりさめ先任伍長

  皆さん、初めまして、平成29年6月護衛艦「きりさめ」先任伍長を拝命しました谷曹長です。
 「きりさめ」は、護衛艦隊の中核を担うヘリコプター搭載型汎用護衛艦として長崎県長崎市三菱重工長崎造船所にて、むらさめ型護衛艦の4番艦として建造され、平成11年3月に就役いたしました。長崎県佐世保市を母港とし、国内だけではなく、海外においても多種多様な任務を遂行しています。
 今後も艦長の指揮の下、今まで以上に乗員一同一致団結し、行き足がありメリハリのある、また各種任務にも柔軟に対応できる艦の育成を目指していく所存です。
 また、広報等でお近くの港に入港した際は、是非「きりさめ」へ足をお運び頂きますようお願い致します。皆様のご来艦を乗員一同、心よりお待ちしております。

平成29年6月」」」」
護衛艦きりさめ先任伍長
海曹長  谷 智亮


contents




ホームページに関するお問い合わせ

問い合わせ先:第4護衛隊群司令部