本文へスキップ

海上自衛隊 Japan Maritime Self-Defense Force

海上自衛隊         
第4護衛隊群

「てるづき」ソマリア沖で海難救助を実施



はじめに
  2017年6月21日、ソマリア沖・アデン湾で海賊対処活動を実施中の第6護衛隊「てるづき」は、漂流するスキフ(漁船)を発見しました。スキフの乗員は、エンジンが壊れ7日間海上を漂っていたため、「てるづき」は乗員に飲料水及び食料を提供してソマリアのベルベラ沖まで当該船舶を曳航し、ソマリア側に引き渡しました。なお、本事案に際して、第151連合任務任務部隊司令部は、「てるづき」等と緊密に連携して当該事案に対応しました。

以下のリンクは、統合幕僚監部の報道発表資料です。
http://www.mod.go.jp/js/Press/press2017/press_pdf/p20170627_01.pdf



遭難した小型ボートに近接する「てるづき」乗員


遭難した小型ボートに近接する「てるづき」乗員


遭難した小型ボートを曳航準備中の「てるづき」乗員


遭難した小型ボートに乗船し、曳航準備を実施する「てるづき」乗員


艦上で曳航作業の指揮を執る「てるづき」艦長橋本2佐


艦尾で曳航作業実施する「てるづき」乗員


ベルベラ沿岸警備隊のタグボート(奥)にボートを引き渡すため、作業を実施する「てるづき」乗員

contents




ホームページに関するお問い合わせ

問い合わせ先:第4護衛隊群司令部