本文へスキップ

海上自衛隊 Japan Maritime Self-Defense Force

海上自衛隊         
第4護衛隊群

Focused Operation



はじめに
 CTF151司令部及びその所属艦艇、航空機は、5月14日から27日までの2週間、アデン湾等の海賊事象が頻発する海域において、Focused Operationを実施しました。Focused Operationとは、兵力を集中的に投入して海賊対処の効果を高める活動のことであり、今回のFocused Operationは「Samurai Sword」という作戦名で実施され、日本のほか、アメリカ、韓国、パキスタンの艦艇、航空機が参加しました。本作戦では、ヨーロッパ連合の海賊対処部隊であるCTF465(第465連合任務部隊)及び独自に艦艇等を派遣して海賊対処を行う、インド、中国との連携向上を図るとともに、航行中の商船や漁船に対して、海賊が活発に活動している海域であることを伝え警戒を厳して航行するように注意喚起を実施しました。


航行中の漁船に近づき、海賊の活動に関する注意喚起を行う「てるづき」乗員


航行中の漁船に近づき、海賊の活動に関する注意喚起を行う「てるづき」乗員


パキスタン海軍艦艇と手旗による交信を行う「てるづき」乗員

contents




ホームページに関するお問い合わせ

問い合わせ先:第4護衛隊群司令部