日独防衛相電話会談(概要)

平成29年9月21日
防衛省

 標記について、下記のとおり実施されましたのでお知らせします。

 平成29年9月21日、小野寺防衛大臣とフォン・デア・ライエン独国防大臣との電話会談が行われました。

 冒頭、フォン・デア・ライエン国防大臣から小野寺防衛大臣の就任に対して祝意が述べられました。小野寺防衛大臣からは、日独防衛装備品・技術移転協定が締結される等、近年、日独防衛交流が深化していることは喜ばしい旨述べました。

 また、小野寺防衛大臣から、北朝鮮による一連の挑発行為が、国際社会に対する正面からの挑発であるとともに、我が国を含む地域の安全に対する、これまでにない重大かつ差し迫った脅威となっており、国際社会が一致して北朝鮮に対する圧力を強化していくことが重要である中、ドイツとも緊密に連携していきたい旨述べるとともに、先週初めの北朝鮮に関する安保理決議が全会一致で採択されたことを高く評価する旨述べました。これに対して、フォン・デア・ライエン国防大臣からは、日本の懸念を理解している、北朝鮮による無責任なミサイル発射を強く非難する、制裁が効果的に機能するためには国際社会が一致して対処することが重要であるとの発言がありました。

 小野寺防衛大臣とフォン・デア・ライエン国防大臣は、今後も様々な機会を捉えて緊密に協力・連携を行っていくことで一致しました。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊