日英防衛相電話会談(概要)

平成29年9月5日
防衛省

 標記について、下記のとおり実施されましたのでお知らせします。

 平成29年9月5日、小野寺防衛大臣とファロン英国防大臣との電話会談が行われました。

 冒頭、小野寺防衛大臣から、先般のメイ首相の訪日に関しては、成功裏に終わるとともに、護衛艦「いずも」訪問を含め、日英関係の進展を強く印象付けることができた旨述べました。

 また、小野寺防衛大臣から、今般の北朝鮮情勢に関して、一昨日の6回目の核実験の強行や、去る8月29日の我が国を飛び越える形での弾道ミサイル発射を始めとする北朝鮮の度重なる暴挙は、我が国の安全に対する、より重大かつ差し迫った、新たな段階の脅威となっていることはもとより、地域及び国際社会の平和と安全を著しく損なうものとなっており、国際社会が一致して北朝鮮に対する圧力を強化していくことが重要であるとともに、引き続き英国とも緊密に連携していきたい旨述べました。これに対して、ファロン国防大臣から、今回の北朝鮮の核実験は、非常に挑発的であるとともに、極めて危険な行為であり、全く受け入れられるものではない、既存の制裁の履行強化に加えて、更なる制裁が必要であり、国際社会が一致団結して圧力を強化していくことが重要である、国連安保理の場を含め、日本ともしっかりと連携していきたい旨発言がありました。

 更に、小野寺防衛大臣とファロン国防大臣は、様々な機会を捉えて緊密に協力・連携を行っていくことで一致しました。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊