同盟調整メカニズム(ACM)局長級テレビ会議の開催について


平成29年8月31日
防衛省

〇 日米両国は、北朝鮮の我が国を飛び越えるミサイル発射という暴挙を受けて、同盟調整メカニズム(ACM)の枠組みで局長級のテレビ会議を開催しました。

〇 会議には、日本側から、防衛省・自衛隊、外務省、内閣官房副長官補(事態対処・危機管理)付、内閣官房国家安全保障局の関係者が、米側から、国防省、国務省、在日米軍司令部の関係者が参加し、関連情報を共有するとともに、強固な同盟としての対応について協議を行いました。

〇 これまでにない重大で深刻な脅威である今回の北朝鮮のミサイル発射を受け、日米同盟に対する軍事的な挑戦に対しては、同盟としての断固たる対応をとるということについて再確認するとともに、今後も強固な日米同盟の下、北朝鮮に対して圧力を更に強めていくことで一致しました。

(参考)
日本側参加者:前田防衛省防衛政策局長、森外務省北米局長、本松統合幕僚副長ほか
米側参加者:ヘルビー米国防省国防次官補代行ほか


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊