長崎県平戸沖における沈没船の行方不明者捜索等に係る災害派遣について(20時30分現在)


平成29年8月22日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成29年8月22日(火)09時15分
(2)要請元 第七管区海上保安本部長
(3)要請先 海上自衛隊佐世保地方総監(佐世保)
(4)要請の概要 行方不明者の捜索及び救助
(5)発生場所 長崎県平戸沖

2.災害派遣までの経緯

 平成29年8月22日(火)04時00分頃、長崎県平戸沖において押船が沈没し、乗組員計6名のうち数名が行方不明となり、海上保安庁により捜索するも発見に至らず。このため、同日09時15分、第七管区海上保安本部長から海上自衛隊佐世保地方総監に対して、行方不明者の捜索及び救助に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊
海自 佐世保警備隊(佐世保)、第72航空隊(大村)

(2)活動規模
人員 約15名
艦艇 2隻
航空機 2機

(3)主な対応状況
【22日(火)】
09時15分 第七管区海上保安本部長から佐世保地方総監に対して、行方不明者の捜索及び救助に係る災害派遣要請
10時00分 佐世保警備隊の水中処分員(ダイバー)約15名が特別機動船×2隻により出艇。
11時38分 第72航空隊のUH−60×1機が捜索救助活動のため航空基地を離陸。
14時45分 第72航空隊のUH−60×1機が捜索救助活動のため航空基地を離陸。
15時52分 佐世保警備隊の水中処分員が船内で行方不明者1名を発見。

※海上保安庁との調整により明朝から捜索活動予定。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊