北部方面航空隊所属LR−2の通信ロストについて(16時00分現在)


平成29年5月15日
防衛省

(※数値等は速報値であり、今後変わることがありえます)
※橙色部は前回からの修正・追加箇所。

 本日5月15日11時47分頃、北部方面航空隊所属のLR−2が緊急患者空輸のため、函館空港周辺を飛行中、管制官との連絡が途絶しました。現在、状況を確認中です。

1 発生日時
 平成29年5月15日(月)11時47分頃

2 発生場所
 北海道函館市函館空港の西約18NM

3 所属部隊
 北部方面航空隊(丘珠)

4 機種及び機数
 LR−2×1機(乗員4名)

5 操縦者の状況及び部外への被害状況
 細部確認中

6 予定した緊急患者空輸任務の概要
 5月15日、函館市の病院に入院中の患者の状態が悪化し、専門的な医療の必要があったため、本日、1048、北海道知事から緊急患者空輸に係る災害派遣の要請があったもの。

7 当初の飛行予定
11:23 丘珠空港 離陸(実績)
・11:50 函館空港 着陸
・12:20 函館空港 離陸
・12:50 丘珠空港 着陸

8 防衛省・自衛隊の対応
(1)活動規模
 人員 約40名
 航空機 6機(U−125×2機、UH−60×3機、SH−60×1機)
(2)主な対応状況
【15日(月)】

13時05分 空自千歳救難隊(千歳)のU−125×1が離陸。
13時06分 空自千歳救難隊のUH−60×1が離陸。
13時08分 海自第73航空隊(大湊)のUH−60×1が離陸。
13時15分 海自第25航空隊(大湊)の在空中であったSH−60×1が現地に到着し、捜索活動を開始。
13時35分 海自第73航空隊(大湊)のUH−60×1が現地に到着し、捜索活動を開始。
13時38分 空自千歳救難隊(千歳)のU−125×1が現地に到着し、捜索活動を開始。
13時43分 海自第73航空隊(館山)のUH−60×1が離陸。
14時01分 空自千歳救難隊のUH−60×1が現地に到着し、捜索活動を開始。
14時40分 陸自第28普通科連隊(函館)の捜索隊(約20名)が前進開始。
15時17分 空自千歳救難隊(千歳)のU−125×1が離陸。
15時36分 空自八雲分屯基地の捜索隊(約20名)が前進開始。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊