北朝鮮による弾道ミサイルの発射について


平成29年4月16日
防衛省

1.米太平洋軍は、日本時間の16日午前6時21分、北朝鮮が東岸の新浦(シンポ)付近から弾道ミサイル1発を発射したが直後に爆発した旨発表していると承知しており、防衛省においても、これまでに収集した種々の情報を総合的に勘案した結果、米国と同様の認識を有しています。

2.防衛省としては、米国や韓国とも緊密に連携しつつ、引き続き、北朝鮮の動向について必要な情報の収集・分析に努めてまいります。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊