飛行点検機の機種決定について


平成28年12月1日
防衛省

 平成29年度概算要求に計上している航空自衛隊の飛行点検機として、以下のとおり機種を決定したので、お知らせします。

1 提案者及び機種

・ 提案者:兼松株式会社
・ 機種:テキストロン・アビエーション社製サイテーション680A

2 選定理由

・ 第1段階評価においては、必須要求事項を満たすか否かを評価し、いずれの提案機種もこれを満たした。
・ 第2段階評価においては、「機能・性能」及び「後方支援」について評価を行い、一律の基礎点(100点)にこれら2つの要素の付加点(最大15点)を加えた合計を評価対象経費で除して算出する評価値が最も高かったサイテーション680Aを飛行点検機として決定した。

なお、その他詳細については別添資料を参照されたい。

 (別添資料)航空自衛隊の新たな飛行点検機の機種選定結果について(PC版に掲載)
 (別添資料)提案機種の概要(PC版に掲載)

(参考)

◯機種選定作業の経緯

平成28年
 8月31日 提案希望者に対して提案要求書手交
10月27日 提案者から提案書を受領、以後、提案内容を精査

◯提案者等

提案者(1):兼松(株)
提案機種:サイテーション680A
製造会社:テキストロン・アビエーション(米)

提案者(2):双日(株)
提案機種:チャレンジャー650
製造会社:ボンバルディア(加)

提案者(3):三井物産エアロスペース(株)
提案機種:ファルコン2000S
製造会社:ダッソー・アビエーション(仏)


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊