硫黄島での遺骨収集事業における海上自衛隊員の負傷について


平成28年11月21日
防衛省

 11月19日(土)、海上自衛隊硫黄島航空基地所属隊員が、厚生労働省遺骨収集事業に基づく遺骨収集調査支援のため、同基地滑走路付近の地下壕に進入したところ、同隊員1名が火傷を負い、防衛医大病院に搬送されました。

1 発生日時
 平成28年11月19日(土)14:00頃

2 発生場所
 海上自衛隊硫黄島航空基地(滑走路付近の地下壕)

3 部隊等
 海上自衛隊硫黄島航空基地隊

4 概要
 厚生労働省遺骨収集事業に基づく遺骨収集調査支援のため、同基地滑走路付近の地下壕に進入したところ、海自隊員1名が熱風により火傷。当該隊員は、同日中に海自機により入間基地に搬送され、防衛医大病院に入院。
 現時点で、意識ははっきりしており生命に別状なし。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊