鳥取県中部を震源とする地震に係る災害派遣について(21時00分現在)


平成28年10月21日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※橙色部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成28年10月21日(金)19時22分
(2)要請元 鳥取県知事
(3)要請先 陸上自衛隊第8普通科連隊長(米子)
(4)要請の概要 給水支援
(5)発生場所 鳥取県倉吉市

2.災害派遣までの経緯

 平成28年10月21日(金)14時07分頃、鳥取県中部を震源とする地震(マグニチュード6.6:暫定値)が発生し、鳥取県倉吉市、湯梨浜町(ゆりはまちょう)及び北栄町(ほくえいちょう)で最大震度6弱を観測した。
 地震の影響により、鳥取県倉吉市内において断水が発生したため、同日19時22分、鳥取県知事から陸上自衛隊第8普通科連隊長に対して、給水支援に係る災害派遣要請があった。

.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊
陸自 第8普通科連隊(米子)、第13特科隊(日本原)、第13戦車中隊(日本原)、第13旅団司令部(海田市)、第13飛行隊(防府)、中部方面航空隊(八尾)、自衛隊鳥取地方協力本部、自衛隊岡山地方協力本部、自衛隊島根地方協力本部
海自 第23航空隊(舞鶴)、第24航空隊(小松島)、第81航空隊(岩国)
空自 第8航空団(築城)、小松救難隊(小松)、第3輸送航空隊(美保)

(2)派遣規模
人員 約145名
車両 約35両(水トレーラー3両含む)
航空機 12機
その他 LO人員12名、LO車両6両

(3)主な対応状況
【21日(金)】
14時10分  防衛省災害対策室設置
 防衛大臣指示
・自衛隊は、陸海空のあらゆる手段を活用して、情報収集を実施するとともに、人命救助を第一義として救援活動を実施する。
 主要部隊等は、次の事項に留意せよ。
1.航空・地上偵察、リエゾン派遣等による情報収集及びファスト・フォース等による初動対処に万全を期せ。
2.関係省庁、自治体等と緊密に連携して、活動を実施せよ。
3.今後の地震の状況に引き続き留意し、的確に対処せよ。
14時18分 第24航空隊のSH−60×1機が情報収集のため航空基地を離陸。
14時23分 第23航空隊のSH−60×1機が情報収集のため航空基地を離陸。
14時28分 中部方面航空隊のUH−1×2機が映像伝送のため駐屯地を離陸。
14時31分 第8航空団のF−2×2機が情報収集のため基地を離陸。
14時33分 第13飛行隊のOH−×1機及びUH−1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
14時40分 第81航空隊のOP−3×1機が情報収集のため航空基地を離陸。
14時43分 第3輸送航空隊のT−400×2機(在空機)が情報収集を開始。
14時45分 小松救難隊のU−125×1機が情報収集のため基地を離陸。
15時05分 第13特科隊及び第13戦車中隊のFAST-Force(人員約30名、車両約5両)が八頭町役場に向け駐屯地を出発。
15時20分 第8普通科連隊のFAST-Force(人員約30名、車両約5両)が湯梨浜町役場に向け駐屯地を出発。
16時40分 第8普通科連隊の偵察部隊(人員約60名、車両約15両)が湯梨浜町に向け駐屯地を出発。
19時22分 鳥取県知事から第8普通科連隊長に対して、給水支援に係る災害派遣要請
20時40分 第8普通科連隊の給水部隊(人員約25名、車両約10両(うち水トレーラー3両))が倉吉市内の給水所(3ヶ所)に向け駐屯地を出発。

※ 給水量については確認中。

※ LOを鳥取県庁、鳥取県八頭町役場、鳥取県中部総合事務所、鳥取県西部総合事務所、鳥取市役所、鳥取県北栄町役場、島根県庁、岡山県庁へ派遣。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊