日比防衛相電話会談の実施について




平成28年5月2日
防衛省

 平成28年5月2日、中谷防衛大臣とガズミン比国防大臣との間の電話会談が下記のとおり行われました。

 中谷防衛大臣から、熊本県熊本地方を震源とする地震が発生したことを受け、防衛大臣として、まずは今回の災害対応に全力であたるため、調整を進めていたフィリピン訪問を中止することとなった旨説明し、ガズミン大臣からは完全に状況を理解する旨応答がありました。また、同大臣からは、今般の地震で犠牲になられた方々及びその御家族全てに対し哀悼の意が示されました。

 両大臣は、日比防衛協力・交流は地域の平和と安定及び繁栄のために不可欠であり、今般調整していたフィリピン訪問は実現に至らなかったものの、引き続き共同訓練、能力構築支援等を始めとする両国の防衛協力を強化していくことを確認しました。また、南シナ海を中心とする地域の情勢の更なる認識共有を含め、連携を強化していくことで一致しました。

 両大臣は、特に、海洋安全保障分野における両国間の連携強化の必要性を指摘しつつ、その一環として、防衛装備・技術協力を推進し、人道支援・災害救援、輸送及び海洋状況把握に係るフィリピンの能力の向上のため、以下の協力を具体化していくことを確認しました。
・比海軍への最大5機の海自練習機TC−90の移転
・TC−90に関連する比海軍要員への教育・訓練の支援
・比海軍によるTC−90の運用を持続していくための維持整備分野に係る支援

(以上)


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊