日米韓防衛当局局長級情報共有テレビ会議の開催について


平成28年1月8日
防衛省

○ 日米韓3カ国の防衛当局は、先般の北朝鮮による4回目の核実験についての情報共有のため、局長級のテレビ会議を開催しました。

○ 会議には、前田防衛省防衛政策局長、シェアー米国防省国防次官補、リュ韓国国防部国防政策室長が各国の代表として出席しました。

○ 会議においては、日米韓3カ国は北朝鮮による4回目の核実験は、累次の国連安保理決議に明確に違反した挑発的な行動であり、朝鮮半島のみならず地域全体の平和と安定に対する深刻な脅威である旨一致しました。

○ また、北朝鮮が核を保有することは、断じて認められないことを再確認し、その核の脅威に関する情報について共有しつつ引き続き緊密に協力していくことで一致しました。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊