浅間山における噴火に係る防衛省・自衛隊の対応について(最終報)




平成27年6月16日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.経緯
平成27年6月16日(火)09時30分頃、浅間山で小規模な噴火が発生。浅間山の北側約4キロメートルの場所で微量の降灰を確認した。

2.防衛省・自衛隊の対応
(1)活動部隊
陸自 東部方面航空隊(立川)
空自 第7航空団(百里)、偵察航空隊(百里)
(2)活動規模
航空機 5機
(3)主な対応状況
10時26分 偵察航空隊(百里)のRF−4×1機(在空機)が情報収集を開始。
10時47分 第7航空団(百里)のF−15×2機が情報収集のため離陸。
11時08分 東部方面航空隊(立川)のUH−1(ヘリ映伝機)×1機が情報収集のため離陸。
11時12分 東部方面航空隊(立川)のUH−1×1機が情報収集のため離陸。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊