口永良部島における噴火に係る災害派遣について(21時00分現在)




平成27年5月31日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※橙色部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成27年5月29日(金)10時40分
(2)要請元 鹿児島県知事
(3)要請先 陸上自衛隊第8師団長(北熊本)
(4)要請の概要 航空機による避難支援・情報収集
(5)発生場所 鹿児島県口永良部島(くちのえらぶじま)

2.災害派遣までの経緯

 平成27年5月29日(金)、口永良部島で噴火が発生、同日10時40分、鹿児島県知事から陸上自衛隊第8師団長に対し、航空機による避難支援・情報収集に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊
陸自 第8師団司令部(北熊本)、第8通信大隊(北熊本)、第8偵察隊(北熊本)、第12普通科連隊(国分)、西部方面航空隊(高遊原、目達原)、第8飛行隊(高遊原)
海自 第1航空群(鹿屋)、第22航空群(鹿屋)
空自 第5航空団(新田原)、偵察航空隊(百里)

(2)活動規模
人員  約100名 (航空関係要員約60名、LO等約20名、地上要員約20名)(延べ約340名) (航空関係要員約200名、LO等約50名、地上要員約90名)
車両   1両(延べ3両)
航空機 9機(延べ40機)

(3)主な対応状況
【29日(金)】
10時15分  第5航空団のF−4×2機が基地を離陸。以降、情報収集活動を実施。
10時20分  防衛大臣指示。
○自治体及び関係省庁と緊密に連携し、災害派遣活動に万全を期すこと
○被害の状況に応じ、適切な対応を実施すること。
10時30分  第12普通科連隊のLO(人員4名、車両1両)が駐屯地を出発。以降、鹿児島県庁で情報収集活動実施。
10時40分  鹿児島県知事から陸上自衛隊第8師団長に対して災害派遣要請。
10時48分  第1航空群のP−3C×1機が基地を離陸。以降、情報収集活動実施。
11時12分  西部方面航空隊のUH−60×1機、UH−1×2機が駐屯地を離陸。以降、情報収集活動実施。(活動後、鹿屋で待機。)
11時15分  第8飛行隊のUH−60×1機が駐屯地を離陸。屋久島町役場へ12普通科連隊LO2名を輸送。12時43分現地到着、避難支援活動等を実施する第8師団司令部・第8通信大隊・第8偵察隊所属の人員6名を輸送後、高遊原へ帰投。
11時23分  第22航空群のUH−60×2機が基地を離陸(11時45分、47分現地到着)。以降、情報収集活動実施。
12時18分  第8飛行隊のCH−47×1機が駐屯地を離陸(14時03分種子島到着)。以降、避難支援実施準備のため、種子島で待機後、高遊原へ帰投。
12時30分  偵察航空隊のRF−4×2機が基地を離陸。以降、情報収集活動実施。
12時52分  第8飛行隊のCH−47×1機が駐屯地を離陸(13時43分国分到着)。以降、避難支援実施準備のため、国分で待機後、高遊原へ帰投。

○ 第12普通科連隊のファスト・フォース約20名が国分で待機。

 ※(航空関係要員約80名、LO等約10名、地上要員約35名)


【30日(土)】
○ 第12普通科連隊のLO(人員4名、車両1両)が鹿児島県庁で情報収集活動実施。
○ 第12普通科連隊のLO(人員2名)が屋久島町役場で情報収集活動実施。
○ 西部方面航空隊のCH−47×3機が高遊原で待機。
○ 西部方面航空隊のUH−1×2機、UH−60×1機が鹿屋で待機。
○ 第12普通科連隊のファスト・フォース約20名が国分で待機。
○ 第22航空群のUH−60×3機が鹿屋で待機。

 ※(航空関係要員約60名、LO等約20名、地上要員約35名)

【31日(日)】
○ 第12普通科連隊のLO(人員4名、車両1両)が鹿児島県庁で情報収集活動実施。
○ 第12普通科連隊のLO(人員2名)が屋久島町役場で情報収集活動実施。
○ 西部方面航空隊のCH−47×3機が高遊原で待機。
○ 西部方面航空隊のUH−1×2機、UH−60×1機が鹿屋で待機。
○ 第12普通科連隊のファスト・フォース約20名が国分で待機。
○ 第22航空群のUH−60×3機が鹿屋で待機。

 ※(航空関係要員約60名、LO等約20名、地上要員約20名)

※ 明日の活動については調整中。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊