山口県における大雨に伴う災害派遣について(最終報)




平成26年8月8日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※橙色部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成26年8月6日(水)06時54分
(2)要請元 山口県知事
(3)要請先 陸上自衛隊 第17普通科連隊長(山口)
(4)要請の概要 @住民避難支援 A行方不明者捜索
(5)発生場所 @山口県玖珂郡(くがぐん)和木町(わきちょう)瀬田(せた) A山口県岩国市新港町(しんみなとまち)
(6)撤収要請日時 平成26年8月8日(金)20時11分

2.災害派遣までの経緯

 平成26年8月6日(水)、山口県玖珂郡和木町瀬田において、大雨による土砂崩れが発生し、瀬田川(せたがわ)が氾濫するとともに、道路が寸断されたことから、住民100世帯が孤立したため、同日06時54分、山口県知事から第17普通科連隊長に対し、住民避難支援に係る災害派遣要請があった。また、同日10時27分、岩国市新港町(しんみなとまち)5丁目における土砂災害による行方不明者捜索に係る追加要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊
 陸自 第17普通科連隊(山口)

(2)派遣規模
 人員 延べ約220名
 車両 延べ 48両

(3)主な対応状況
【6日(水)】
06時54分 山口県知事から第17普通科連隊長に対し、災害派遣要請
07時50分 第17普通科連隊のFAST-Force(人員約30名、車両7両)が駐屯地を出発。以後、行方不明者捜索活動を実施。
09時10分 第17普通科連隊の主力部隊(人員約140名、車両30両)が駐屯地を出発。以後、行方不明者捜索活動を実施。
09時14分 第17普通科連隊の作業小隊(人員約20名、車両5両(ドーザー1両含む)、ボート5隻)が駐屯地を出発。以後、住民避難支援活動(道路啓開、給水支援)を実施。

【7日(木)】
07時00分 第17普通科連隊の作業小隊(人員約10名、車両2両)が住民避難支援活動(給水支援)を実施。

【8日(金)】
07時00分 第17普通科連隊の作業小隊(人員約10名、車両2両)が住民避難支援活動(給水支援)を実施。
13時55分 第17普通科連隊の交代部隊(人員約10名、車両2両)が住民避難支援活動(給水支援)を実施。
20時11分 撤収要請。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊