日米韓防衛実務者協議(DTT)結果概要について

平成26年4月19日
防衛省

○ 4月17日及び18日(現地時間)、日米韓の防衛協力の進展のため、日米韓防衛実務者協議(DTT)が米国防総省において開催されました。
(出席者)
日本:コ地防衛政策局長 ほか
米国:リパート国防長官首席補佐官 ほか
韓国:リュ国防部国防政策室長 ほか

○ 日米韓防衛当局は、北朝鮮を核保有国として認めないことを再確認し、北朝鮮の挑発行為を抑止するために緊密に連携していくことで一致しました。

○ また、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発計画や拡散による国際的な安全保障上の脅威に対する協調的な対応と、国際社会との緊密な連携の必要性についても再確認しました。

○ さらに、人道支援・災害救援や海賊対処などの、非伝統的な安全保障課題に対して協力していくことの重要性について認識を共有するとともに、一層の協力の深化に向けて意見を交換しました。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊