台風26号に伴う行方不明者の捜索活動に係る災害派遣について(20時30分現在)




平成25年10月27日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。また、橙色部分は、前回公表後からの変更箇所

1 災害派遣要請の概要等

(1)要請日時 平成25年10月16日(水)10時20分
(2)要請元 東京都知事
(3)要請先 陸上自衛隊第1師団長(練馬)
(4)要請の概要 行方不明者の捜索活動
(5)発生場所 東京都大島町

2 防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣規模
人員:約1,280名(延べ約10,520名)
車両:約 320両(延べ約2,330両)
艦船:(延べ17隻)
航空機:5機(延べ79機)

(2)主な対応状況
ア 関係命令
10月16日10時40分 防衛大臣指示
・離島災害であることを踏まえ、各自衛隊はもとより、関係省庁と協力して救助活動等に全力をあげること。
10月16日18時00分 防衛大臣指示
・特に、増援部隊及び適切な資機材の早期投入。関係省庁との連携について留意すること。
10月19日21時45分 防衛大臣指示
・被災地方公共団体及び関係機関の輸送支援にあたっては、自衛隊が保有する優れた輸送力を最大限に活用し、陸海空各自衛隊はもとより関係機関と連携して、引き続き迅速かつ効果的な支援を実施すること。
・事態の変化に備えた充分な方策を検討し、万全な態勢をとること。
10日20日21時49分 統合任務部隊の組織(自行災命第15号)
・東部方面総監を指揮官とする統合任務部隊を編成
10月24日20時00分 防衛大臣指示
・伊豆大島災統合任務部隊にあっては、能力、特性を最大限に発揮した活動を行うこと。
・活動にあたっては、関係省庁との連携、連絡を一層密にして、状況の変化に対した適切かつ先行的な活動に努めつつ、二次災害の防止及び安全管理に充分な注意を払うこと。
・台風27号及び28号の接近に伴い、全国各地での被害も予想される。全国各部隊等にあっては、関係地方公共団体、防災関係機関等との連絡を密にし、初動対応に遺漏無きよう万全の体制を取ること。

イ 活動内容
行方不明者捜索、患者空輸、入院患者の島外避難搬送、御遺体の搬送、関係機関の対処要員・物資の輸送支援、二次災害予防処置(土砂・流木の除去、土のう作成・運搬)、ヘリコプター映像伝送による官邸等への情報提供

(3)自衛隊の活動
(10月27日)
・05時56分、第1ヘリコプター団のLR−2×1機が航空偵察のため、木更津駐屯地を離陸、06時56分木更津駐屯地着陸。
・07時34分、現地派遣部隊は、国土交通省(TEC-FORCE)、警察及び消防とともに、捜索活動地域(元町地区)の安全を確認、行方不明者捜索活動を再開。
・10時57分と12時10分に偵察航空隊のRF−4×各1機による情報収集活動(写真撮影のため)、11時30分に東部方面航空隊のUH−1×2機による情報収集活動(映像伝送)を開始(官邸等に配信)。

※本日は夜間も活動を実施する予定。

防衛省・自衛隊の対応(概要)

1.災害派遣までの経緯
10月16日(水)台風26号の影響により東京都大島町において、土砂災害による多数の行方不明者が発生し、同日10時20分、東京都知事より陸上自衛隊第1師団長に対して、行方不明者の捜索活動に係る災害派遣要請があり、同時刻受理した。

(2.主な対応状況及び3.関係機関等の輸送支援実績はPC版に掲載)

(以上)


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊