南スーダン派遣施設隊によるジュバ市内の小学校における簡易歩道橋設置について

平成25年7月26日
防衛省

 7月15日から同月19日(いずれも現地時間)にかけて、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に派遣されている自衛隊施設部隊が、UNMISSの指図の下で、ジュバ市ボンゴロギ地区のポロティ・スター小学校において、簡易歩道橋を設置しました。
 ポロティ・スター小学校では、敷地内を流れる小川に橋がなく、児童たちは川の中を渡って通学することを余儀なくされており、安全面、衛生面で問題がありましたが、自衛隊が簡易歩道橋を設置することにより、児童たちの通学環境が大きく改善されました。
 7月22日に実施された完成式典には、校長を始めとする学校側関係者や児童の保護者のほか、小学校の児童約500名も参加し、自衛隊からは梅本哲男施設隊長ら約20名が招待されました。

(参考1)UNMISSにおける自衛隊の活動
 自衛隊の施設部隊(約330名)は、UNMISSの指図の下、ジュバ及びその周辺において、国連・国際機関の敷地造成や主要幹線道路の補修等の作業を行うことにより、南スーダンの国づくりを支援しています。

(参考2)ジュバ市ボンゴロギ地区ポロティ・スター小学校
 ポロティ・スター小学校(Poroti Star Basic Nursery and Primary School)では、約500名の児童が初等教育を受けています。

※写真2枚及び位置図をPC版に掲載


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊