国籍不明潜没潜水艦の動向について

平成25年5月13日
防衛省

 5月12日(日)深夜、海上自衛隊第5航空群所属「P−3C」(那覇)が、久米島(沖縄県)の南の海域(接続水域内)を東進する国籍不明潜没潜水艦を確認しました。その後、13日(月)朝、当該潜水艦が久米島の南の海域(接続水域外)を南東進しているのを確認しました。

 なお、5月2日(木)夜、国籍不明潜水艦が、奄美大島(鹿児島県)の西の海域において、短時間ではありますが接続水域内を潜没航行したのを確認しています。


(C) 防衛省・自衛隊