カンボジアにおける能力構築支援事業の開始について

平成25年1月11日
防衛省

1.趣旨

 防衛省は、アジア太平洋地域の安全保障環境の一層の安定化及びグローバルな安全保障環境の改善を図るため、自衛隊が有する知見・経験を活用し、関係国の軍又は関係機関の人道支援・災害救援等の非伝統的安全保障分野における能力向上や人材育成等を積極的に支援することとしている。こうした取組は、自衛隊自身の能力の向上等に資するものである。
 上記を踏まえ、防衛省として、本年度よりカンボジアにおいて、以下のとおり能力構築支援事業を開始する。なお、東ティモールについても、12月より事業を開始しているところである。

2.事業概要

(1)事業内容:PKO分野の能力向上に資する道路構築等の施設分野に関する人材育成

(2)支援対象:カンボジアのPKOセンターであるNPMEC(国家平和維持・地雷処理爆発性残存物除去センター)の訓練センター(首都プノンペンから車で約1時間の距離)

(3)事業期間:平成25年1月24日~3月20日(予定)

(4)派遣要員:陸上自衛官 4名
内局国際政策課能力構築支援室員 1名
民間団体の要員 6名

ページTOPへ戻る