日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定(MDA協定)に基づくハイブリッド電気駆動に係る共同研究に関する実施細目取極の締結について

平成24年11月2日
防衛省

本日、MDA協定に基づくハイブリッド電気駆動に係る共同研究に関する書簡が外務大臣と駐日米国大使との間で取り交わされたことを受け、防衛省と米国防省との間で、実施細目取極の締結を行いました。

本共同研究は、車両をモータにより電気駆動化し、かつ、その動力電源をエンジンとバッテリーの二系統で供給する技術に関する研究であり、当該技術を車両に適用することにより、不整地での機動性の向上、静粛化による被発見性の低減、動力源の損傷や故障に対する冗長性の確保及び燃費性能の向上が期待されます。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊