航空自衛隊の次期戦闘機F−35Aに係る引合受諾書署名について

平成24年6月29日
防衛省

 平成24年度予算に計上している航空自衛隊の次期戦闘機F−35A 4機及びシミュレーター等について、米国政府からの有償援助(FMS:Foreign Military Sales)により調達するため、本日、引合受諾書(LOA:Letter of Offer and Acceptance)に署名しましたので、お知らせします。
 平成24年度の調達内容の概要は次のとおりとなります。

1 調達品等の内容
F−35A 4機、シミュレーター2台等

2 価格
F−35A 4機(初度部品を含む)の取得経費 約409億円
1機当たりの価格 約102億円
(初度部品抜きの本体価格(FAC:Fly Away Cost) 約96億円)
シミュレーターの取得経費等 約191億円
合計 約600億円

3 納入予定時期
平成28年度末

(参考)
○ 平成24年度予算に計上したF−35A関連経費
F−35A 4機(初度部品を含む)の取得経費 約395億円
1機当たりの価格 約99億円
(初度部品抜きの本体価格(FAC:Fly Away Cost) 約89億円)
シミュレーターの取得経費等 約205億円
合計 約600億円


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊