パシフィック・パートナーシップ2012への参加について

平成24年6月13日
防衛省

1 目的
 パシフィック・パートナーシップ2012に参加し、医療活動、文化交流等を行うことにより、国際緊急援助活動や国際平和協力業務に係る自衛隊の医療等に関する技量の向上を図るとともに、関係国との相互理解及び協力並びに民間団体との協力の促進を図る。

2 派遣部隊
(1) 自衛隊医療チーム等 人員約50名(司令部要員を含む。)
(2) 海上自衛隊おおすみ型輸送艦「おおすみ」(LCACを含む。)人員約140名
(3) 航空自衛隊輸送機C−1及びC−130H

3 参加民間団体等
・特定非営利活動法人国際緊急医療・衛生支援機構 14名
・特定非営利活動法人アムダ 2名
・個人参加 3名

4 活動場所及び期間
・フィリピン共和国 6月18日から7月1日
・ベトナム社会主義共和国 7月10日から7月24日


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊