航空自衛隊の次期戦闘機の機種決定について

平成23年12月20日
防衛省

 平成24年度概算要求に計上している航空自衛隊の次期戦闘機について、本日、以下のとおり機種を決定したので、お知らせします。

1 提案者及び機種
 米国政府提案のF−35A

2 選定理由
 ・第1段階評価においては、次期戦闘機にとっての必須要求事項を満たすか否かを評価し、全ての提案機種がこれを満たした。
 ・第2段階評価においては、「性能」、「経費」、「国内企業参画」及び「後方支援」の4要素について総合的な評価を行い、これら4つの要素の評価点の合計が最も高かったF−35Aを次期戦闘機として決定した。
 なお、その他詳細については、別添資料を参照されたい。

 別添資料(PDF:PCサイトに掲載)

(参考)
○ 機種選定作業の経緯
 平成23年 4月13日 提案希望者に対して提案要求書を手交
 9月26日 提案者より提案書を受領
 12月19日 防衛省における機種決定
 12月20日 安全保障会議決定及び閣議了解

(提案者等)

提案者/米国政府
提案機種/F/A−18E
製作・設計/ボーイング社

提案者/米国政府
提案機種/F−35A
製作・設計/ロッキード・マーチン社

提案者/英国政府等
提案機種/タイフーン
製作・設計/ユーロファイター社


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊