平成23年度第3次補正予算(防衛省所管)の概要

平成23年10月21日
防衛省

防衛省計上額 ・・・・・ 約1,616億円(約4,100億円)

※数値は歳出ベース。(  )内は契約ベース

@ 施設や装備品等の復旧関連経費・・・・・・・・・ 約907億円(約1,638億円)
(1) 陸上自衛隊多賀城駐屯地、海上自衛隊大湊基地、航空自衛隊松島基地等、被災した施設の復旧に係る経費
(2) 特別輸送ヘリコプター(EC−225LP)の取得、教育用の戦闘機(F−2B)やエンジンの修理及び関連器材の取得等、被災した装備品等の復旧に係る経費

A 活動に伴う減耗の回復及び今後の活動への備えの充実関連経費
・・・・・・ 約563億円(約1,899億円)
(1) 各種車両や航空機等、災害派遣活動により減耗した装備品等の取得及び艦艇や航空機の維持整備等のための経費
(2) 情報通信能力、津波災害等に対処する救助能力、部隊の機動力や災害時の初動対応能力といった各種能力の向上に資する事業等、被災地での今後の活動に即応し得る災害派遣能力充実関連の経費

B 全国的な災害への対処能力の向上関連経費・・・・ 約146億円(約564億円)
(1) 無人航空機の取得等、原子力災害等への対処能力の向上に資する事業に係る経費
(2) 庁舎等の耐震化の推進や非常用電源の確保等、災害派遣の際に活動の拠点となる駐屯地・基地等の整備に係る経費
(3) その他、洗濯・乾燥機材といった後方支援用備品の整備等に係る経費

※ 第3次補正予算においては、上記の東日本大震災関連増額要求のほか、第1次補正予算の執行余剰分について修正減少となる見込み

別添(PDF:PCサイトに掲載)


ご意見ご要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊