福島県で発生した土砂崩れに係る災害派遣について(19時00分現在)

平成23年8月11日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※橙色部分は、10日19時00分現在からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成23年8月6日(土)08時00分
(2)要請元 福島県知事
(3)要請先 陸上自衛隊第6特科連隊長(郡山)
(4)要請の概要 土砂崩れに伴う道路啓開
(5)発生場所 福島県大沼郡金山町及び南会津郡只見町

2.災害派遣までの経緯

 7月29日(金)以降、福島県では発達した前線の影響を受け記録的な大雨となり、金山町等の数ヶ所で土砂崩れの被害が発生したため、8月6日(土)08時00分、福島県知事から第6特科連隊長(郡山)に対し、土砂崩れに伴う道路啓開に係る災害派遣要請がなされた。

※福島県では上記のほか、7月29日(金)から8月1日(月)までの間、同知事からの要請に基づき、只見町において行方不明者の捜索・救助、物資輸送の災害派遣活動を実施。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊
陸自 第6特科連隊(郡山)、第6施設大隊(神町)

(2)派遣規模
人員 約40名(延べ約430名)
車両 約20両(延べ約120両)※油圧ショベルを含む。

(3)主な対応状況
【6日】
08時00分 福島県知事から第6特科連隊長に対して、土砂崩れに伴う道路啓開に係る災害派遣要請
10時15分以降 第6特科連隊及び第6施設大隊の偵察員(人員約20名、車両約10両)が、金山町及び只見町の現場確認を実施。
13時30分 6日の活動終了。
【7日】
09時00分 第6特科連隊の作業員(人員約60名、車両約10両)が、金山町(高見沢道路、二本木橋水路、大塩温泉及び湯倉温泉)において土砂の除去作業を開始。
13時00分 第6施設大隊の作業員(人員約30名、車両2両及び油圧ショベル2両)が、只見町(熊倉地区)において土砂の除去作業を開始。
16時00分 7日の活動終了。
【8日】
08時00分 第6施設大隊の作業員(人員約30名、車両約10両)が、只見町内1ヶ所において土砂の除去作業を開始。
09時20分 第6特科連隊の作業員(人員約100名、車両約20両)が、金山町内4ヶ所において土砂の除去作業を開始。
17時00分 8日の活動終了
【9日】
08時00分 第6施設大隊の作業員(人員約40名、車両約20両)が、只見町内1ヶ所において土砂の除去作業を開始。
09時00分 第6特科連隊の作業員(人員約70名、車両約20両)が、金山町内4ヶ所において土砂の除去作業を開始。
16時00分 第6特科連隊による金山町における土砂の除去作業終了。
17時00分 9日の活動終了。
【10日】
08時00分 第6特科連隊及び第6施設大隊の隊員(人員約40名、車両約20両)が、只見町において土砂の除去作業を開始。
17時30分 本日の活動終了。
【11日】
08時00分 第6特科連隊及び第6施設大隊の隊員(人員約40名、車両約20両)が、只見町において土砂の除去作業を開始。
17時58分 本日の活動終了。

※明日も引き続き活動を実施予定。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊