栃木県足利市における山林火災の消火活動に係る災害派遣について(最終報)

平成23年5月10日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※橙色部は5月9日20時30分現在からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成23年5月9日(月)14時55分
(2)要請元 栃木県知事
(3)要請先 陸上自衛隊東部方面総監(朝霞)
(4)要請の概要 山林火災の消火活動
(5)発生場所 栃木県足利市松田町
(6)撤収要請日時 平成23年5月10日(火)13時30分

2.災害派遣までの経緯

 5月9日(月)12時55分、栃木県足利市において山林火災が発生し約1haを延焼。栃木県防災ヘリ2機が空中消火を実施していたが、鎮火せず。同日14時55分、栃木県知事から陸上自衛隊東部方面総監(朝霞)に対して、山林火災の消火活動に係る災害派遣要請がなされた。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊
陸自  第12ヘリコプター隊(相馬原)、東部方面航空隊(立川)、第12特科隊(宇都宮)

(2)派遣規模
人員   2名(延べ4名)
車両   1両(延べ2両)
航空機  6機(延べ11機)

(3)主な対応状況
【9日】
14時02分 東方航空隊のUH−1×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
14時55分 栃木県知事から東部方面総監に対し災害派遣要請
14時59分 東方航空隊のUH−1×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
15時02分 第12特科隊の連絡要員(人員2名、車両1両)が栃木県庁へ向け出発。
16時04分 第12ヘリコプター隊のOH−6×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
16時29分 第12ヘリコプター隊のCH−47×2機が離陸。以降、消火活動を実施。
19時04分 9日の活動終了。

※9日の活動実績 総散水量約147t(28回)

【10日】
07時26分以降 第12ヘリコプター隊のOH−6×2機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
07時50分以降 第12ヘリコプター隊のCH−47×4機が離陸。以降、消火活動を実施。
13時30分 鎮火宣言、撤収要請。
※総散水量約530t(101回)


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊