平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に対する自衛隊の活動状況(05時30分現在)

平成23年3月14日
防衛省

※数値は速報値であり、今後変わることがある。
※橙色部分は、前回からの変更箇所

【自衛隊の実施事項(調整中含む)】

○大規模地震災害派遣による活動
11日14時50分 防衛省災害対策本部設置(本部長:防衛大臣)
11日18時00分 大規模震災災害派遣命令
11日19時30分 原子力災害派遣命令(12日09:20原子力災害派遣命令発出のため廃止)
12日09時20分 原子力災害派遣命令
航空機による情報収集
被害者の救助
防衛大学が周辺住民約190名を武道館に受け入れ
ヘリコプター映像伝送による官邸及び報道機関等への提供
○原子力災害派遣による活動
福島第1原発のオフサイトセンターに80名を派遣

○現地調査団等の輸送支援
政府調査団(第1陣:宮城県)の現地派遣
経済産業副大臣及び原子力安全・保安院職員等の現地派遣
総理大臣の現地視察(福島第1原発及び宮城県被災地上空等)
政府調査団(第2陣:岩手県及び福島県)の現地派遣
D−MAT(災害派遣医療チーム)の輸送支援

【災害派遣要請元】
11日14時52分 岩手県知事
11日15時02分、宮城県知事
11日16時20分 茨城県知事
11日16時47分 福島県知事
11日16時54分 青森県知事
11日18時50分 北海道知事
12日01時00分 千葉県知事

【連絡員の派遣】
北海道(襟裳振興局、根室振興局、日高振興局、釧路総合振興局、胆振総合振興局、えりも町)、宮城県庁、岩手県庁、秋田県庁、青森県庁、福島県庁、山形県庁

【自衛隊の活動】
(1)派遣部隊
陸自
第21普通科連隊(秋田)、第39普通科連隊(弘前)、第44普通科隊(福島)、第9特科連隊(岩手)、第4師団(福岡)、第6特科連隊(郡山)、第10特科連隊(豊川)、第35普通科連隊(守山)、第33普通科連隊(久居)、第10師団(守山)、第38普通科連隊(多賀城)、中央特殊武器防護隊(朝霞)、第12旅団(相馬原)、第1空挺団(習志野)、第26普通科連隊(留萌)
海自
第1航空群(鹿屋)、鹿屋航空分遣隊(鹿屋)、第2航空群(八戸)、第4航空群(厚木)、第5航空群(那覇)、第1航空群(大湊)、第21航空隊(館山)、第24航空隊(小松島)、第31航空群(岩国)
空自
第2航空団(千歳)、第3航空団(三沢)、第4航空団(松島)、第6航空団(小松)、第7航空団(百里)、百里救難隊(百里)、浜松救難隊(浜松)、第8航空団(築城)、第1輸送航空隊(小牧)、第2輸送航空隊(入間)、三沢ヘリコプター空輸隊(三沢)、入間ヘリコプター空輸隊(入間)、第3輸送航空隊(美保)、秋田救難隊(秋田)、新潟救難隊(新潟)、千歳救難隊(千歳)、偵察航空隊(百里)、警戒航空隊(浜松)

(2)派遣規模
・人員約66,000名(陸約36,000名、海空合計約30,000名)
(総理指示を踏まえ、10万人態勢にすべく準備中。)
・回転翼96機、固定翼7機
・艦船58隻
が活動中
※3月14日(月)東北方総監を長とする統合任務部隊を編成予定

(3)自衛隊による救助状況
○大規模地震災害派遣による活動
・自衛隊による救助者数 約10,000名(現時点で確認されているもの)

救助者数
11日・12日 3,200名
13日・14日(0530現在) 6,800名
計 10,000名

【陸自】
(11日)
1825 東北方面特科隊(仙台)27名人員をもって保育所への救出のため出発し、救援活動を実施中。
1845 第2施設団、名取市(宮城県南部)家屋に取り残された10数名救助のため、初動小隊30名派遣
1900 東北方面航空隊(霞目)UH−1×4機で中野小学校において救出活動実施。(現在は一時中止)
1910 東北方面隊第6師団第6特科連隊(郡山)第1大隊白河市(福島)8名生き埋め者救助のため出発し、救援活動を実施中。
2217 仙台病院に患者20名を収容。
2348 東北方面特科隊が仙台市内の避難所にストーブ約260台を搬送。
・第44普通科連隊(福島)の人員約80名、車両18両が被災地に向けて移動。
(12日)
0515 第1空挺団(習志野)の人員約40名、車両6両(水トレーラー4両含む)により、給水支援及び輸送支援を実施中
2000頃、2100頃 第6師団が被災民に対する約5万食のパンの輸送を実施
・第12旅団(相馬原)(人員約2,200名、車両約640両)が現地に向け移動開始
・第10師団(守山)(人員約1,670名、車両約510両)が現地に向け移動開始
(13日)
0020 第6後方支援連隊(東根)がDMAT64名を東北大学病院まで輸送。
・第12旅団(相馬原)が福島に到着。救援活動を開始
・第10師団(守山)が福島に到着。救援活動を開始
・第26普通科連隊(留萌)(人員約450名、車両確認中)が現地に向け移動開始
・第4旅団(福岡)(人員約4,000名、車両確認中)が現地に向け移動開始
0604 第9特科連隊第3大隊が宮古市及び田老市で人員捜索及び救助活動を開始
0646 第9特科連隊第2中隊が野田村でがれきの除去を実施
0751 第20普通科連隊がヘリで志津川小学校から要救助者6名を救出
0800 第6師団が気仙沼等で捜索活動を実施
0820 第20普通科連隊がヘリで志津川小学校から要救助者等5名収容
0857 第130大隊が26名を救出
1347 第20普通科連隊が要救助者等6名をヘリで石巻の病院へ搬送完了
1830 第6師団が石巻で125人を救助するとともに糧食及び毛布を配布
2220 第9特科連隊(滝沢村)が岩手県下閉伊郡山田町で消火活動を実施
他、細部確認中

【海自】
(11日)
2045 八戸基地体育館に770名の避難者、私有車両140両を収容。
2150 大湊地方隊、毛布1000枚(青森県六ヶ所村500枚、風間浦500枚)を搬出。
(12日)
1240 第1護衛群「はるさめ」のヘリコプターが気仙沼で13名救助
1304 第1護衛群のMCHが陸前高田病院から花巻空港まで人員輸送
1338 第1護衛群の「たかなみ」から内火艇×2隻が孤立した被災者27名を救助
1432 第111航空隊(岩国)のMCH−101が陸前高田病院から花巻空港までの人員輸送
1630 第1護衛群「きりしま」のヘリコプターが鹿妻小学校への物品輸送
(13日)
0702 73空 UH−60J64号が大湊を離陸、尻屋から宮古にかけて孤立した住民の捜索救助を実施
0830 さわぎりHS阿武隈川河口の要救助者10名を岩沼市に搬送
1040 第73航空 救助者11名を大槌から県立釜石病院搬送完了
1055 111航空隊が南三陸町に非常糧食を輸送
1200 ときわからMH53Eにより宮城県長沼市に応急糧食3,000食を輸送完了
1239 ちょうかいが洋上で生存者1名を救出
1543 MH―53Eが遠野運動公園へ非常用糧食9000食、毛布500枚、水157箱を輸送
1800 横須賀警備隊が72トンの給水支援を実施
・ときわからMCH−101により気仙沼市及び長沼市に非常用糧食152箱を輸送
・第25航空隊が白浜小学校の被災者約140名を釜石市民体育館へ輸送(2151時点)
他、細部確認中

【空自】
(11日)
1810 三沢ヘリ、陸前高田で11名を救助完了
1848 陸前高田の高台へ11名の救助者を御下
(12日)
0614 航空支援集団(府中)が福島第1原発へバッテリーを空輸
0841 第1輸送航空隊(小牧)のC−130×1機がDMAT要員約65名を花巻へ輸送。
0851 第3輸送航空隊(美保)のC−1×1機がDMAT要員約40名を輸送。
0930 第1輸送航空隊(小牧)のC−130×1機がDMAT要員約65名を花巻へ輸送。
0940 三沢ヘリ空隊CH−47×1機が10回の空中消火及び要救助者30名を収容。
1036 三沢ヘリCH−47×1機が山田の43名を救助
1228 ヘリ空隊のCH−47×1機が田の浜の100名の救助に向かう。
1240 第3輸送航空隊(美保)のC−1×1機がDMAT要員約30名を輸送。
2333 第2輸送航空隊(入間)がDMAT8名を羽田から福島まで輸送。
(以下の部隊等に係る活動内容等については、調整中)
・第2輸送航空隊(入間)のC−1×1機が韓国支援チーム、シンガポール支援チームを本日輸送予定。
じ後、陸上自衛隊の車両で被災地まで輸送。
(13日)
0607 百里救難隊の回転翼3機が阿武隈川付近で計47名を救助
0645 新潟救難隊の回転翼が南気仙沼で10名を救助
0650 空教団が回転翼で要救助者20名を収容。阿武隈川で要救助者20名を移送完了。
0732 航空支援集団の回転翼が要救助者20名を収容
0739 航空支援集団の回転翼がで要救助者84名を収容
0820 新潟救難隊の回転翼が救助者69名を気仙沼小学校に搬送
0918 航空支援集団の回転翼が要救助者66名を気仙沼へ移送完了
1251 空教団が回転翼でが岩手県下閉伊郡山田町で要救助者18名救出完了
1340 秋田救難隊が回転翼で岩手県下閉伊郡山田町で要救助者12名救出完了
1420 航空支援集団の回転翼が36名搬送完了
他、細部確認中
○原子力災害派遣による活動
(11日)
2120 中央特殊武器防護隊(大宮)の車両7両(化学防護車×4両を含む)が駐屯地を出発。
(12日)
0205 中央特殊武器防護隊(大宮)の車両7両(化学防護車×4両を含む)が矢板ICへ到着。
0225 東京電力のケーブルを輸送するための第1ヘリコプター団のCH47×3機が霞ヶ浦飛行場へ到着。到着後、ケーブルを搭載し、福島第2原子力発電所へ輸送予定。
0335 中央特殊武器防護隊(大宮)の副隊長含む2名が福島第一原発付近のオフサイトセンターへ到着
0450 中央特殊武器防護隊(大宮)の車両7両(化学防護車×4両を含む)が白河ICへ到着。じ後、オフサイトセンターへ向け前進中。
0648 東北方面隊の人員約100名、車両50両がオフサイトセンターに向け福島駐屯地を出発。(活動場所は、確認中。)
0830 中央特殊武器防護隊(大宮)の車両7両(化学防護車×4両を含む)がオフサイトセンター到着。
2000 東北方面航空隊のCH−47×3機、UH−1×3機をもって、双葉町老人福祉会館及び厚生年金病院の寝たきり・要介護老人等約200名を川俣町農村広場へ空輸。
2034 CRF(朝霞)のUH−3機、CH47×3機が福島第1原発周辺住民の避難輸送を終了。
2207 第1輸送航空隊(小牧)のC−130×1機が冷水ポンプ用のモーター3個を福島へ輸送。じ後、陸上自衛隊の車両で輸送。
(13日)
0805 原発冷却水支援のため、北部航空方面隊、中部航空方面隊、航空総隊直轄部隊の水タンク車9台が四倉町到着
1050 第12化学防護小隊が二本松で患者40数名のうち約半数を除染完了
1337 CRFの回転翼が空中モニタリングのため木更津を離陸
1356 CRFの回転翼が空中モニタリングのため大宮に着陸
1400 第12化学防護小隊が二本松の除染所において除染対象50名の除染
1515 CRFの回転翼が空中モニタリングのため大宮を離陸
1555 CRFの回転翼が空中モニタリング一時中止
1757 空自給水車両10両が福島第2原発に到着、作業開始
2028 空自による福島第2原発での給水作業終了
(14日) 0100 中央特殊武器防護隊(大宮)が川俣町体育館において住民100名に対して除染
0130 空自による福島第2原発での給水作業(第2回目)再開
0500 空自による福島第2原発での給水作業(第2回目)終了


ご意見ご要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊