新潟県魚沼市における除雪支援に係る災害派遣について(19時00分現在)

平成23年2月5日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※橙色部分は、4日19時00分現在からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成23年2月2日(水)09時30分
(2)要請元 新潟県知事
(3)要請先 第12旅団長(相馬原)
(4)要請の概要 除雪支援
(5)発生場所 新潟県魚沼市

2.災害派遣までの経緯
 新潟県魚沼市において、大雪による人的被害が多数発生。今後も雪崩の発生、雨による倒壊、孤立集落の発生及び交通網の混乱の可能性があることから、2月2日(水)09時30分、新潟県知事から第12旅団長に対して除雪支援に係る災害派遣要請がなされた。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊
陸自  第12旅団(相馬原)、第2普通科連隊(高田)、第5施設群(高田)、第12施設中隊(新町)、第12通信中隊(相馬原)、第12ヘリコプター隊(相馬原)

(2)派遣規模
人員  約60名(延べ約360名)
車両  約 20両(延べ約 90両)
航空機    0機(延べ約  1機)

(3)主な対応状況
【2月2日】
09時30分   新潟県知事から第12旅団長に対して災害派遣要請
10時41分   第2普通科連隊の連絡員(人員2名、車両1両)、第5施設群の連絡員(人員2名、車両1両)が魚沼市役所へ向け駐屯地を出発。
11時15分   第2普通科連隊の人員約40名、車両7両が駐屯地を出発。
11時16分   第12旅団司令部の連絡員(人員3名、車両1両)が魚沼市役所へ向け駐屯地を出発。
14時00分以降 現地対策会議への参加及び活動地域の情報収集を実施。

【3日】
07時00分以降 第2普通科連隊の人員約40名が大白川新田地域において雪崩防止作業、第2普通科連隊の人員約70名が入広瀬小中学校、雪国会館、大白川公営住宅及び末沢向地域において雪下ろし作業を実施。
09時05分   第12ヘリコプター隊のOH−6×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
16時00分   3日の活動終了。

【4日】
07時00分以降 第2普通科連隊の人員約120名により、入広瀬地域の5ヶ所(入広瀬小学校、子供の家、入広瀬会館、共営住宅及び入広瀬市民センター)及び大白川地域の雪国会館において雪下ろし作業を実施。また、大白川地域のJR只見線柿ノ木駅周辺において雪崩防止作業を実施。
17時00分   本日の活動終了。

【5日】
07時28分以降 第2普通科連隊の人員約60名により、入広瀬小学校、入広瀬中学校及びその周辺の雪下ろし作業を実施。
17時00分   本日の活動終了。

※明日の活動については調整中。


ご意見ご要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊