護衛艦「きりしま」SM−3ミサイル発射試験の結果について

平成22年10月29日
防衛省

 弾道ミサイル防衛(BMD)機能を付加するための改修が進められてきたイージス護衛艦「きりしま」は、10月29日(現地時間28日)にハワイ・カウアイ島沖においてSM−3ミサイルの発射試験を実施しました。
 この試験の概要は、以下のとおりです。

・ 12時06分(現地時間17時06分)、カウアイ島の米海軍ミサイル発射試験施設から、この試験を支援する米軍が標的である模擬弾道ミサイルを発射。
・ 12時09分(現地時間17時09分)、イージス護衛艦「きりしま」がSM−3ミサイルを発射。SM−3ミサイルは、大気圏外において標的に命中。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊