鹿児島県奄美大島における大雨被害に係る災害派遣について(10時30分現在)

平成22年10月21日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時 平成22年10月21日(木)08時30分
(2)要請元 鹿児島県知事
(3)要請先 陸上自衛隊 第12普通科連隊長(国分)
(4)要請の概要 孤立者救助
(5)発生場所 鹿児島県奄美大島

2.災害派遣までの経緯

 10月20日(水)鹿児島県奄美大島において大雨による浸水により住民が孤立したため、21日(木)08時30分、鹿児島県知事から第12普通科連隊長(国分)に対し、孤立者救助に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊
陸 自  第12普通科連隊(国分)
海 自  第1航空群(鹿屋)

(2)派遣規模
人 員  約30名
航空機  3機

(3)主な対応状況
【21日】
02時00分頃  陸自第12普通科連隊(国分)の連絡要員2名が鹿児島県庁に到着。
08時30分   鹿児島県知事から第12普通科連隊長(国分)に対して、孤立者救助に係る災害派遣要請。
         防衛省災害対策連絡室(室長:事態対処課長)設置。

08時51分   第1航空群のUH−60J×1機に第12普通科連隊の隊員8名を乗せ離陸。
09時37分   第1航空群のUH−60J×1機に第12普通科連隊の隊員8名を乗せ離陸。
09時55分   第1航空群のUH−60J×1機に第12普通科連隊の隊員7名を乗せ離陸。


御意見御要望
お知らせ一覧へ戻る
トップへ戻る

(C) 防衛省・自衛隊